激しい運動は逆効果!?

間違ったダイエット方法の1つに激しい運動をするというものがあります。痩せやすい運動とは、少し汗をかく程度の運動である有酸素運動です。激しい運動は、無酸素運動とされています。有酸素運動は無酸素運動に比べ、体内の脂肪を燃焼しやすくなっています。例えば、マラソンよりもウォーキングやボーリングやフリスピーなどが代表的な運動です。
運動は、激しければ激しい方が良いというわけではありません。また長くダラダラとする運動は老化を進行させてしまいます。短期間で効率的にダイエットするなら、有酸素運動がおすすめです。
また、有酸素運動で効果を出すには心拍数が深く関わってきます。一番効果的なのは「隣の人と話ができる程度」だってご存知でしたか?ついつい負荷をかけたくなりますが、何事も適度が一番ということですね!また、お水は体内にある毒素を排出したり、脂肪の燃焼を助けてくれる働きもあるので、摂りすぎは良くないですが、適度な水分補給は心掛けましょう。

画像: 激しい運動は逆効果!?

ムリな食事制限も失敗のもと!

ダイエットというと、食事の量を最も気にする人が多いのではないでしょうか。代表的な物として炭水化物ダイエットやりんごダイエットなどです。しかし食事を抜くダイエットは、ほとんどの場合成功しません。それは、人間の体が飢餓状態に対応出来る仕組みになっているからです。
ムリな食事制限は、脂肪細胞が飢餓である状態を記憶していまい、脂肪を今まで以上に蓄えようとするのです。
炭水化物ダイエットやりんごダイエットは、健康面に問題があると言われています。炭水化物は人間の体が活動するために重要なエネルギーの元となるため、摂取しないと健康面や美容面などで影響が出てくるのです。また果物しか食べないといった偏った栄養だけでは、体に負担を与えてしまう結果となるので注意が必要となります。

画像: ムリな食事制限も失敗のもと!

ずっと続けられる方法が大事

ダイエットをするには、記録を取る事は重要になってきます。自分がどれくらい痩せたか、今のダイエットはどのくらいはかどったかという事を記録して確認する事でダイエットが効果的になってきます。そのダイエット方法がレコーディングダイエットと言います。
つまりダイエットのコツは、メンタルと計画性が重要になるのです。理想の体型を長期間維持するためには、適度な運動も必要となってきます。いかにストレスを感じないように、毎日の少しの努力が出来るかが重要なポイントとなるのでしょう。またその習慣付けをする事が大切です。
計画性を持って、ある程度の長期的視点でダイエットに望む事が、美しい体になるために第一歩となるのです。すぐに結果を出そうとしないように、ゆったりとした気持ちでダイエットをしましょう。

画像: ずっと続けられる方法が大事

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.