食を楽しみながらダイエットできる

もし、いくら食べても太らない……とまではいいませんが、太りにくい時間帯があればどうしますか?人間の三大欲求としても数えられる食欲は、人生を楽しむうえで欠かせない喜びを生み出してくれます。しかし、制限なくたべてしまうと、当然太ります。
今回は、食事を楽しみつつもダイエットに効果的な、魔法の時間帯をご紹介します。

ランチタイムは14~15時がオススメ!

画像: ランチタイムは14~15時がオススメ!

仕事によっては、毎日のランチタイムが決まっている方も多いでしょう。比較的調整がきく仕事をしている方にオススメのランチタイムの時間帯は、14~15時。
この時間に食事をとると太りにくいからです。人間の体にはメカニズムが存在します。そのメカニズムを紐解くと、“BMAL1”というキーワードが浮かび上がりました。
この“BMAL1”を解明すると、太りにくい時間帯の謎が解けてきます。

“BMAL1”の量と脂肪の関係性

画像: “BMAL1”の量と脂肪の関係性

“BMAL1(ビーマルワン)”とは、人間が体内に持つタンパク質の一種。一般的な生活リズムである、朝起きて夜眠るという行動パターンを整える働きがあるとされています。“BMAL1”のはたらきは、これだけではありません。脂肪を作って蓄積する酵素を増やすというのです。つまり、“BMAL1”は体内に多い時間帯に食事をとると、太りやすくなるということです。時間帯によって数値にバラつきがあるのは不思議ですよね。

出典元: 日本大学薬学部 ハイテク・リサーチ・センター整備事業インタビュー

“BMAL1”の数値は時間によって異なる

“BMAL1”は、22時から深夜2時に最も多くなるといわれています。遅い時間に食事をとると太ってしまう原因がこれです。反対に、“BMAL1”が最も少なくなる時間帯が、14時頃。その数値は、22時から深夜2時の約20分の1。ここまで明確な数値の差があると説得力が増してきますよね。ランチタイムに融通がきく方は少し遅めに食事をとることをオススメします。

おわりに…

画像: おわりに…

いかがでしたか?
ランチタイムを14~15時にするだけで、太りにくくなるという驚きの事実をご紹介しました。寒くなるこれからの季節には、しっかりと栄養をとることが体調管理において大切なことになってきます。極端な食事制限やストイックなダイエットに励むよりも、食事の時間を変えるという工夫を取り入れるほうが、カラダへの負担はグッと軽減されるはず。
食を楽しみながらスリムなボディを手に入れるためのキーワードは、「食べる時間」ですよ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.