冷え性の方必見!「リンパ呼吸」とは

本格的に冬が訪れ、日に日に寒さが増してまいりました。あさ目が覚めても、なかなか布団から出ることができないという方も多いのではないでしょうか。とくに冷え性で悩んでいる女性は、体調の不調にもつながりやすい季節になりました。
さて今回は、リンパを整える「リンパ呼吸法」をご紹介します。

リンパ呼吸のやり方

画像: リンパ呼吸のやり方

まず、鼻から息をゆっくり吸い、胸郭を広げていきます。カラダの真ん中に大きな風船があるイメージで、胸と背中を両方膨らませましょう。
次に口を小さくすぼめ、お腹を意識しながらゆっくりと息を吐いていきます。イメージとしては、横隔膜が少しずつ上がっていく感覚です。
するとあら不思議、カラダがポカポカと温まってくるはずです。
場所と時間を選ばない「リンパ呼吸」は、手足の冷えを感じたときに気軽におこなうことができます。

リンパの流れがスムーズに

大橋俊夫さんの著書『「リンパ呼吸」で不調は治る』によると、横になって腹式呼吸をした場合、プロが施すリンパマッサージよりもリンパの流れがよくなることが、ヒトを対象にした実験で判明したとのこと。
寒くてなかなかベッドから出ることができない朝や、寒くて寝付きが悪い夜に試してみてはいかがでしょうか。カラダが温まると、心も安らいでいくものです。

手足のマッサージは冷え解消に効果的?

寒くて手足が冷えると、両手をこすり合わせることで暖をとったりますよね。こういった手足のマッサージは血流を良くするため、だんだんと手足やカラダが温まってくる一定の効果があります。
しかし、冷え性の根本的な解決するためには、カラダの内面から改善する必要があるのです。

冷え性を解決するためには?

画像: 冷え性を解決するためには?

その1つの手段として挙げられるのが「リンパ呼吸」です。
リンパ呼吸は、まず呼吸筋を使いカラダを広げ、次に胸郭を広げることを意識し、最後に胸啌を広げる呼吸法です。胸式呼吸よりも、呼気が長く、腹式呼吸よりも、横隔膜をフルにつかう呼吸法が、「リンパ呼吸」の特徴です。カラダ全体を、大きく広げることを意識できるため、全身を駆け巡る血流を効率的に活発的にさせることが可能なのです。
つまり、横隔膜が刺激されることで内臓全体が刺激され、体の内面から温かくさせることができるということです。 このように普段から「リンパ呼吸」を生活に取り入れることで冷え性の改善をサポートすると言われています。

出典: Facebook施術&スクール 天使の杜

おわりに…

いかがでしたか?
カラダを効率的に温める「リンパ呼吸」をご紹介しました。カラダを温めるということは、毎日を元気に生きるために大切なことです。冷え性に悩んでいる方は、試してみてはいかがでしょうか。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.