ビタミン類と体の関係性

まずビタミン類がどういった成分であるかはご存知でしょうか?
ビタミン類はごく微量で体内の様々な機能を調節する働きを持ち、私たち人間の生命活動に必要不可欠な成分なのです。しかし、ビタミン類は体内でつくり出すことができません。したがって、食品などから摂取する必要があります。
ビタミン類には脂溶性ビタミンが4種、水溶性ビタミンが9種あり、全13種類のビタミンを総称して「ビタミン類」と呼びます。

脂溶性ビタミンの特徴

画像: 脂溶性ビタミンの特徴

脂溶性ビタミンとは名前の通り、脂に溶けやすいビタミンのことをさします。
ビタミンA、D、E、Kの4種類です。
脂溶性ビタミンの主な働きは、皮膚や粘膜の健康維持(A)、カルシウムの吸収(D)、抗酸化作用(E)、血液凝固(K)などがあります。
体内では脂に溶けた状態で脂肪組織や肝臓などに貯蔵されます。ビタミンEに関しては心配はいらないのですが、摂り過ぎると過剰症を起こす可能性があります。過剰症の症状には、頭痛や吐き気、高カルシウム血症、貧血などがあります。
脂に溶けて摂取する事で吸収率はより高くなります。ですから、油を使用して炒める調理法がお勧めです。水に溶けず熱による損失も少ないのが脂溶性ビタミンの特徴です。

水溶性ビタミンの特徴

画像: 水溶性ビタミンの特徴

水溶性ビタミンは水に溶け易いビタミンのことをさします。
ビタミンB群(ビタミンB1・B2・B6・B12等)やビタミンCなどです。
水溶性ビタミンの主な働きは、糖質などの栄養素の代謝や鉄の吸収などがあります。
体内では水に溶けた状態で腸で吸収された後、余分な量は体内には貯蔵されずに尿と一緒に排出されます。脂溶性ビタミンと違い、過剰症の心配はありませんが欠乏症が起こる可能性がありますので毎日摂取する必要があります。
水に溶け出したり熱に弱いのも特徴なので調理には工夫が必要です。茹でたり煮るよりも蒸したり、さっと炒めるといった調理法がおすすめです。

ビタミン錠を上手に活用!

画像: ビタミン錠を上手に活用!

ビタミンが不足するとビタミン欠乏症が起こる可能性があります。
しかし、生活習慣・環境などから食事でビタミンをバランスよく摂取出来ない人もいます。
そんな方はビタミン錠などのサプリメントやドリンクなどで補うこともおすすめです。
もちろん、脂溶性ビタミン類もビタミン欠乏症はあり、ちゃんと摂取したい栄養分ですが、ビタミンを補助食品などから摂取する場合は水溶性のビタミンを選びましょう。
水溶性のビタミンは水に溶けやすく体内に貯蔵することができません。しかし毎日摂取する必要があります。
必要量以上は尿になって体外に排出されますので、過剰症の心配もありません。補助食品には水溶性ビタミンをおすすめしますよ。

おわりに

画像: おわりに

最近体調がすっきりしないとお悩みの方、疲れやすいと感じる方、ビタミンが不足しているかもしれませんよ。
毎日バランス良くビタミンを摂取して元気な体で健やかに過ごしませんか?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.