「疲れたときのチョコレート」の理由

画像: 「疲れたときのチョコレート」の理由

ある調査では、疲れたときに食べたいものに「チョコレート」と答えた人は約7割もいたそうです。それは、チョコレートが手軽に摂れる甘いものの代表であるからでしょう。
体が疲れを感じると、脳は空腹サインを出します。食事によってエネルギー不足を補おうとするのですがとくに糖分(甘いもの)が欲しくなります。
その理由は、糖分は体内で素早くエネルギーに変わるので一時的に疲れがとれやすいのです。
手軽に素早くエネルギー補給が出来るので、私たちは疲れたときにチョコレートが欲しくなるのです。

チョコレートを食べると疲れが増える!?

画像: チョコレートを食べると疲れが増える!?

しかし、甘いものは依存性があります。1つ食べたらもう1つ食べたくなりませんか?
ちょっとだけと決めたはずが、いつの間にか全て食べきってしまっていたことも…。
とくに空腹時に糖分をとりすぎると血糖値が急上昇します。するとインスリンが分泌されて血糖値を下げようとします。血糖値が下がりすぎると、逆に疲れを感じたり眠くなったりすることがあります。このような状態を「低血糖症」と呼びます。
「疲れには甘いものだ!」と思い込んで食べ過ぎると、余計に疲れやすくなり、さらに甘いものを食べたくなるという悪循環に陥ることもありますので注意しましょう。

疲れたときにアレを食べよう!

画像: 疲れたときにアレを食べよう!

疲れたときは、血糖値を緩やかに上げる食べ物を選びましょう。疲れたときにつまむ食べ物としておすすめなのは、ナッツ類やドライフルーツ!
これらは血糖値を緩やかに上げてエネルギー補給ができる栄養価の高い食べ物です。
美容にも良いとされるビタミンも豊富に含まれていますし、腹持ちも良いのでダイエット時の間食としてもおすすめですよ。

疲れにくい体をつくるには…

画像: 疲れにくい体をつくるには…

まず、体脂肪率が高い人の方が圧倒的に疲れを感じやすいそうです。
疲れにくい体になるためには体脂肪を落としましょう。体脂肪を落とすには筋肉量をUPさせることが大切です。筋肉量をUPさせると基礎代謝が上がります。代謝が上がると脂肪燃焼効果も上がりますよ。

おわりに

画像: おわりに

疲れたときの飴やチョコレートは即効性があります。しかし、依存性が高いことを念頭に置いて食べ過ぎには注意しましょう。食べる前に「○個だけ」と決めるといいですね。
それが守れずたくさん食べたくなってしまう人は、ナッツ類やドライフルーツがおすすめですよ。ちょっとした間食でリフレッシュしましょう!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.