老化の原因は「活性酸素」にある

画像: 老化の原因は「活性酸素」にある

近年よく耳にするようになった「活性酸素」。この活性酸素は美容や健康の観点から老化を進めたり、あらゆる病気の原因になるとも言われています。
専門家の中には体の老化を細胞の「酸化」と唱える人もいます。酸化とは釘などの鉄がさびるのと一緒で活性酸素が体をさびさせるのです。体の酸化は多くの病気、肌のしわ・しみなどの原因ともなり、健康や美容を妨げることわかったのです。

活性酸素の正体とは!?

画像: 活性酸素の正体とは!?

そもそも活性酸素は体に良いものとされていました。なぜなら、活性酸素は私たちの体の免疫に必要だからです。白血球の一部では活性酸素の力を利用して体内に侵入してきたあらゆる細菌を破壊して私たちの体を守ってくれる役割があるのです。
しかし、活性酸素の研究が進んだことで活性酸素でも種類があることや活性酸素が増えすぎると細菌だけでなく自分の体の健康な細胞まで傷つけてしまうことがわかったのです。

活性酸素をやっつける抗酸化酵素

活性酸素が発生する原因はいくつかあります。その1つに「呼吸」があります。
私たち人間の体は呼吸によって1日に約500ℓ以上の酸素を体に取り入れているそうです。その取り入れた酸素の約2%分が活性酸素に変化するといわれています。
活性酸素を発生させる原因は呼吸だけではなく、紫外線や大気汚染、たばこなども活性酸素が発生する原因です。こうした活性酸素の攻撃から細胞を守るために私たちの体には「抗酸化力」が備わっています。これを「抗酸化酵素」と呼びます。
体内で活性酸素が発生しても、こうした抗酸化システムが常に稼働していれば体の酸化を防ぐことができます。しかし体内で作られる抗酸化酵素の量は加齢とともに減少してしまうのです。

抗酸化成分を含む緑茶を習慣に

画像: 抗酸化成分を含む緑茶を習慣に

この抗酸化酵素の働きを助けているのが、食事や飲み物などから摂り入れる「抗酸化成分」です。
抗酸化作用の高い飲み物はいくつかあります。
紅茶やウーロン茶、ココアやコーヒーなど。しかし、最も抗酸化作用が強いといわれているのが「緑茶」なのです。
緑茶にはポリフェノールだけではなく、カテキンという抗酸化作用の高い成分が豊富に含まれています。毎日摂取できる身近で安価な飲み物である緑茶を活用して、老化を防ぎましょう!

おわりに

画像: おわりに

白髪が増えてきた。
髪の毛が抜けてきた。
肌のシワやたるみが気になってきた。
疲れやすくなって、風邪をひきやすくなった。

このような体の変化を感じてはいませんか?
このような老化現象こそ体が「酸化」しているサインかも…。
抗酸化力を高めて、あなたも今日からアンチエイジング!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.