女性ホルモンの役割

画像: 女性ホルモンの役割

まず女性ホルモンとは女性が生きていく上で、子どもを産むこと、健康な体を維持することを目的として分泌されています。
女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンがあります。これはどちらも卵巣から分泌されています。
女性がこれらの女性ホルモンを死ぬまでに分泌出来る量はたったの「ティースプーン1杯分」と言われています。

女性ホルモン生涯

女性ホルモンの分泌量は30歳前後でピークを迎えます。その後は緩やかに減少を続け、40歳を過ぎたあたりから大幅に減少していきます。そして50歳を過ぎる頃には、ほぼ分泌されなくなるそうです。これにより閉経、更年期障害が起こります。
サプリメントや食事など様々な方法で増やそうと努力しても、この分泌量がティースプーン1杯分より増えたり、分泌量が減らなくなるということはありません。
なぜならば、女性ホルモンを分泌する卵巣機能の老化には誰も逆らえないからです。

女性ホルモンはバランスが大切

画像: 女性ホルモンはバランスが大切

バストアップや女性らしさを目的とした「プエラリア」のサプリメントは有名ですよね。もしもサプリメントなどで女性ホルモンを補う場合には摂取量に注意しなければなりません。
まず、女性ホルモンは卵巣からでしか作られないので、食事から女性ホルモンそのものを摂取することはあり得ません。しかし、プエラリアやイソフラボンには女性ホルモンの1つであるエストロゲンに似た働きがありますので、似たような効果は期待できます。
ただし大切なのは2つのホルモンのバランスです。エストロゲンだけが異常に増えてしまうと2つのホルモンバランスが崩れてにきびや生理不順、めまいなどといった症状が出る恐れがあります。

女性ホルモンの過剰摂取・過剰減少

画像: 女性ホルモンの過剰摂取・過剰減少

女性ホルモンの量が増えすぎると乳ガンや子宮ガンを発症したりと体に支障が出ることがあります。反対に、喫煙や冷えなどによって女性ホルモンが過剰に減少するとホルモンバランスが乱れたり老化を早めたりします。あくまでもエストロゲンとプロゲステロンのホルモンのバランスが大切なのです。
つまり、女性ホルモンを考える上で最も重要なことは、「自分の年齢以上に女性ホルモンの分泌が減らないように努力すること」なのです。

おわりに

画像: おわりに

エストロゲンは「美肌ホルモン」とも呼ばれ、美肌づくりとも関係があります。女性の体やお肌、髪の毛を美しく魅力的に見せてくれるのもこのホルモンが関係しているそうです。
女性ホルモンには「女性らしさ」を維持する大切な力がたくさんあるので、分泌の減少を諦めたくないですよね。しかし、女性ホルモンの分泌が減少しても女性らしさが消えるわけではありません。
年齢とともに新しい自分らしさを見つけて、どんどん輝きましょう!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.