ある日を境に落ちなくなった体重、そして痩せないストレスが限界に

「昔はあのデニムが履けたのに…」なんて、ある日つぶやいてしまった私。
もうアラフォー世代、子どもも18才になり、「ねぇ、ママちょっと太りすぎじゃない?昔履いてたパンツはどうしたの?」なんて子どもからも言われる始末。
お酒が好きな私は、毎日の晩酌や仲間との飲み会ですっかり太ってしまいました。もちろん健康にも良くないと思い、食事制限くらいはしてきたんです。
でもね、うっすら気がついてはいたんですよ。30代にさしかかる頃から、徐々に落ちなくなってきていた体重。
食事制限をしてみてもダメ、軽く運動してみてもダメ。そんな悩みが記録のために書いていたダイエットブログにも表れていました。

「ぽっちゃり×アラフォー主婦のダイエット日記」

【ダイエット始めます!】
・41歳女性、主婦
・身長158㎝、体重70kg
30代になってからじりじりと体重が増えて、アラフォーの今では立派なぽっちゃりさんです(泣)  崩れた体型のままでいたくないので、少しでも20代の体重に近づけるようにダイエット始めます!あのデニムを履いて、子どもに見せるんだから。頑張ろう!!

【ダイエット1日目】
・今日の体重70.3kg(トータル±0)
まずは10kg減が目標!
ダイエットのルールは「ウォーキング一日30分以上」、「夕飯は炭水化物抜き」の二つだけ。これで気長にやってみま~す!

【ダイエット14日目】
・体重68.0kg(トータル-2.3kg)
体重が落ちてきた! 私けっこうがんばってるかも(笑)

【ダイエット30日目】
・体重68.5kg(トータル-1.8kg)
体重が減らなくなってしまった…。マイナス2kg~3kgで停滞してます。
ウォーキングも夕飯の炭水化物抜きも続けてるのに、どうしてなの~っ?!

【ダイエット37日目】
1ヶ月が過ぎました。でも体重が思うように減らなくってここ一週間ほどダイエットさぼってしまった…ガーン。はぁ・・・また振り出しかな。あーもう自分に負けてしまいそう…。

ぽっちゃりからの脱出!ママ友の間で人気の「酵素青汁」を手に入れて、諦めてしまったダイエットをスタート!

画像: ぽっちゃりからの脱出!ママ友の間で人気の「酵素青汁」を手に入れて、諦めてしまったダイエットをスタート!

ママ友でもある智子から教えてもらった 「酵素青汁」 についてネットで調べてみたら、FacebookでもTwitterでも 「酵素青汁」 でダイエットしてる人がいっぱい!
「ぽっこりがすっきりした」っていう人から、中には「15kgのダイエットに成功!」なんて人も。ドリンクタイプの酵素や青汁は飲みにくい味のものも多いけど、 「酵素青汁」 は粒状だから味を気にしないで気軽に飲み続けられるってみんな言ってる!

何よりも智子が痩せたのが大きい。私も早速注文してみようっと♪

【ダイエット再開1日目】
・68.5kg(トータル-1.8kg)
「酵素青汁」 届いた♪
今日からダイエットのルールに、3つ目の「酵素青汁一日2粒」もプラス。

【ダイエット再開7日目】
・65.3kg(再開後-3.2kg/トータル-5.0kg)
「酵素青汁」 を飲み始めて一週間で3kg、トータルで5kg減を達成~(嬉)!

【ダイエット再開30日目】
・63.2kg(再開後-5.3kg/トータル-7.1kg)
ペースは落ちたけど着実に体重減ってます!

【ダイエット再開60日目】
・60.3kg(再開後-8.2kg/トータル-10kg)
「酵素青汁」 を飲み始めて2ヶ月、ダイエットを始める前の体重から10kg減を達成!!!
体調が悪くてウォーキングをお休みしたり、我慢できずにがっつりご飯を食べちゃった日もあったけど、「酵素青汁一日2粒」だけは欠かさず続けました。

大人の女性のダイエットに「酵素青汁」がおすすめ。
一日2粒で一般的な青汁「37.8杯分」の効果を実感して

画像: 大人の女性のダイエットに「酵素青汁」がおすすめ。 一日2粒で一般的な青汁「37.8杯分」の効果を実感して

ぽっちゃりに悩んでいたアラフォーの私がダイエットに成功した秘訣は、やっぱり 「酵素青汁」 だと思います!
「酵素青汁」 は奈良県の酒蔵で3年以上かけて作られる良質な“酵素”をたっぷり含んだ粒タイプの青汁。“アミノ酸”やポリフェノールを豊富に含む植物「モリンガ」や、青汁に欠かせない「ケール」を初めとする111種類の天然原料の栄養素を凝縮しているから、1日2粒で一般的な青汁「37.8杯分」もの栄養素が摂れるんだそうです。

年齢が上がるにつれて体形がくずれてきた、がんばって運動してるのに体重が落ちない、そんな悩みがある人は“酵素不足”が原因かも! ぜひ 「酵素青汁」 を試してみてくださいね。


Sponsored by ミーロード
 
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.