多くの現代人が砂糖を摂り過ぎている現実

砂糖が入っていないものを探すのが難しいほど様々な食品に砂糖が入っています。食生活の欧米化などによって砂糖の過剰摂取は深刻な問題とされています。
そもそも、1日あたりの砂糖の摂取量は約20gが適量だと言われています。しかし、日本人の砂糖の平均摂取量は平均の3倍である60g以上。
砂糖の塊といわれているコーラの350ml缶で約40gの砂糖が入っています。つまり1缶飲み干しただけで、1日の目安摂取量を超えてしまうのです。

画像: Shutterstock.com www.shutterstock.com

Shutterstock.com

www.shutterstock.com

砂糖の過剰摂取が引き起こす問題

砂糖のとり過ぎは体内からビタミン・カルシウム・ミネラルなどの栄養の不足を招きます。
さらに、血中の健康な血液を酸化させて赤血球や細胞を崩壊させることもあります。
アトピーなどのアレルギーはもちろん、冷え性・肩こり・貧血・便秘・糖尿病・子宮異常なども引き起こす可能性があるのです。
とくに白砂糖や人工甘味料などの体内吸収が早い糖質をとりすぎると急上昇した血糖値を下げる作用が過剰に働き、かえって低血糖になってしまうなど血糖値が乱高下してイライラしやすくなったり、気持ちに余裕がなくなったりといった症状として現れるのです。

画像: 砂糖の過剰摂取が引き起こす問題

砂糖を減らして私はこう変わりました

①「集中力がUPした!」

まず、仕事に集中できる時間が長くなったと思います。今までは仕事のスイッチを入れても小休憩を挟んでコーヒーを飲んだりして気分転換をしながら仕事をしていたのですが、席を立つのも忘れて仕事に没頭出来たんです。それが全然苦じゃなくて、仕事がはかどって毎日気持ちがいいです。(30代男性)

画像: ①「集中力がUPした!」

②「肌が別人のように綺麗になった!」

白砂糖と人工甘味料を控えて、なるべく自然由来の甘味料をとるようにしたんです。
そしたら、肌の調子が明らかに違うんです。目の下のクマと肌荒れはもちろん、顔色がすごく良くなったって周りからも言われます。繰り返し出来ていた背中やデコルテのにきびも不思議できなくなりました。(20代女性)

画像: ②「肌が別人のように綺麗になった!」

おわりに

いい事ばかりのシュガーレス生活ですが、続けるには工夫が必要です。
最初から全く砂糖を食べないというのは難しいですしストレスもたまりますので、食べる回数を減らしていきましょう。余計な糖分が欲しくならないようい、3食の食事は炭水化物・タンパク質・脂質のバランスを考えてしっかり食べる。小腹が空いたときのおやつはナッツ類・ドライフルーツなどがおすすめです。少しずつ生活から砂糖を減らして、今よりもっと素敵な人生を過ごしましょう。

画像: おわりに

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.