男性の愛情ホルモン「バソプレッシン」

バソプレッシンは別名「絆ホルモン」ともいい、人と人との絆を深めるホルモンなのです。男女ともに分泌されるホルモンなのですが比較的、女性よりも男性に多く分泌していることがわかってます。この物質が多い男性というのは、基本的には一人のパートナーを大切にし続けます。これはマウスでも実験済みです。バソプレッシンを多く投与されたオスのマウスはメスのマウスと寄り添う時間が長く、反対にバソプレッシンが少ないマウスはメスのマウスを次から次へと変えていたそうです。
つまり、バソプレッシンの働きが十分だと決まった相手と親密な生活を過ごし、バソプレッシンの働きが不十分だと自由恋愛に傾く可能性が高くなるのです。

画像: 男性の愛情ホルモン「バソプレッシン」

セックスをするとバソプレッシンが分泌される

セックスをすると男女性両方の脳からバソプレッシンとオキシトシンが分泌されます。
行為の最中、女性よりも男性の脳からはバソプレッシンは分泌され、相手との絆を深く感じます。つまり、「俺の彼女だ!」という一種の顕示欲が強くなるのです。
つまりセックスをするほどバソプレッシンが分泌されてそのたびに愛情が深まっていくのです。動物で言う「縄張り意識」が強くなるともいえます。

画像: セックスをするとバソプレッシンが分泌される

女性の愛情ホルモン「オキシトシン」

女性の場合セックスをすると男性よりもオキシトシンが多く分泌されます。
脳下垂体後葉から分泌され血液へと放出されたオキシトシンは、体の臓器に存在する「オキシトシン受容体」を伝って心理的にも肉体的にも体に大きな影響を与えています。
オキシトシンの分泌が多くなると、相手を思いやる気持ちが強くなったり、人間関係をより強いものにしようといった気持ちが高くなります。
バソプレッシンと同じく、相手との絆をより強固なものにしてくれるホルモンなのです。

画像: 女性の愛情ホルモン「オキシトシン」

ホルモンは量より質が大切

しかし、毎回のセックスで毎回ホルモンが大量に分泌されるということはありえません。
心の通わないセックス、愛情のない相手とのするセックスは逆効果を生むこともあります。
ホルモンというのはバランスが大事なのです!
頻繁にセックスをしていてもホルモンバランスが悪い人もいれば、セックスをしなくてもホルモンバランスが良好な人もいます。
相手のことを思いやってお互いが気持ちの良いセックスが質の良いホルモンを促すのではないでしょうか。

画像: ホルモンは量より質が大切

おわりに

ホルモンバランスが良好な人は外見が違います。正確にはその人の持ってる「気」が違います。元気で明るくキラキラとしている人は周囲にも良い気を与えてくれる女性です。さらに肌や髪の毛にハリやツヤがある人はホルモンバランスが良好といっていいでしょう。
お化粧や綺麗な服装で見せる上辺だけの美しさではなく中身から溢れ出るような美しさこそが、ホルモン分泌が良好な女性です。

画像: おわりに

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.