自律神経を整えるメリット

自律神経が乱れると、体に不調として表れます。
めまい・イライラ・頭痛などの症状から、ホルモンバランスが崩れて代謝が悪くなり、冷え性・肌荒れ・便秘や下痢などの症状まで様々です。
自律神経は交感神経(活動)と副交感神経(休息)で成り立っていますが、多くの社会人の不調の原因には副交感神経が十分にはたらいていないことが根本的な原因であるとも考えられています。普段から自律神経のバランスがとれていれば、心もお肌も健康で美しい状態をキープできますよね。1日が始まる朝の5分で出来る、自律神経を整えるコツをご紹介します。

画像: 自律神経を整えるメリット

朝の5分だけでできる!自律神経を整えるコツ

① 陽の光を浴びる

自律神経は光からの刺激によって切り替えることができます。なるべく同じ時間に起床して朝の陽の光を目と肌で感じることが大切です。曇りの日であっても明るい部屋で光を感じましょう。まず、朝起きたら窓を開けて日の光を浴びるこれを習慣にしてみてください。
曜を浴びながら深呼吸をすると(特に腹式呼吸)深く息を吐くので、副交感神経が優位となりリラックス効果がより高まりますよ。

画像: ① 陽の光を浴びる

② 皮膚や筋肉に適度な刺激を与える

光の刺激で頭が目覚めた後は、皮膚や筋肉からの神経刺激で脳の活動を活発にさせます。朝のシャワーで刺激することも良いですし、ストレッチで全身を伸ばすことも有効です。
最初からがんばり過ぎると続かないので、お布団の中でも大丈夫ですので軽く全身をほぐす程度のストレッチを行いましょう。

画像: ② 皮膚や筋肉に適度な刺激を与える

③ しっかり朝食をとる

朝食を食べないという方も多く目にしますが、自律神経を整えるには朝食を食べることをおすすめします。朝食を食べることで腸を目覚めさせ、腸内環境がよくなることにもつながりますし自律神経のリズムを整えるためには大切です。食物繊維や発酵食品をメインにとって腸内環境の改善に努めることを意識してください。 腸内環境が悪いと自律神経を機能させるセロトニンという物質が脳内にしっかり届かないそうです。

画像: ③ しっかり朝食をとる

おわりに

自律神経は不規則な生活・運動不足・加齢によって脳内伝達物質のセロトニンが低下することにより、その機能が低下していきます。
しかし自律神経のバランスが整えば、体温調整機能も正常になり様々な体調不良も解消されるはずです。自律神経は心と体に影響する神経です。自律神経の乱れが整えば、今よりももっと前向きな気持ちで日々の生活を送れると思いませんか?
お肌や体だけじゃなく、気持ちが前向きな女性が本当にキレイな女性です。キレイの秘訣は朝の5分にありますよ。始めるか始めないかはあなた次第。

画像: おわりに

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.