「おりもの」の正体

おりものシートというものがあるように、ちょっとベタベタして、下着が汚れるしニオイも気になるおりものにマイナスな気持ちを抱く女性は多いのではないでしょうか。
そもそもおりものとは「子宮・膣・汗腺」からの分泌物が混じり合う粘性のある液のことをいいます。特徴としては、べたつきがあり少しすっぱい独特のにおいがあります。
しかし、女性の体にとっておりものは絶対に必要なものなのです。

画像: 「おりもの」の正体

おりものが果たす役割

おりものは膣に雑菌が入るのを防いだり、雑菌や病原体を洗い流したり、老廃物を体外に排出してくれます。また、排卵期のおりものは受精を助けてくれます。子宮頸管の分泌量が増え精子が子宮に到達できるようおりものが働きかけてくれるのです。他にも、性行為の際に出るおりものは挿入の潤滑を促進する働きもあるのです。

画像: おりものが果たす役割

体調が良いときのおりもの

おりものの色は半透明のような白っぽい色をしています。少し粘り気がありますが乾くとポソポソしたクリーム色の状態になることもあります。月経直後は臭いが強くなる傾向に
ありますがそれ以外の時期はあまり臭い強くないのが正常です。

画像: 体調が良いときのおりもの

体調が良くないときのおりもの

異常があるときのおりものは「色」と「匂い」が違います。
細菌が入った場合、おりものが黄色っぽくなります。子宮の病気などの場合はおりものに血が混ざることもあります。クラミジアやカンジダ膣炎など性感染症の疑いもあります。
おりものがピンクや茶色の場合、閉経期の女性であれば子宮頸ガンや子宮体ガンの可能性を疑います。ホルモンの不足による膣壁からの出血によって血が混じった可能性もあります。黄色、黄色よりも濃い色の場合は何かしらの異常がある可能性があります。
そして、おりもののにおいがツンとした強い匂いの場合、雑菌が増えていたり腟内に異物が入っている可能性があります。
どちらにせよ、おりものに異変を感じて2~3日様子を見ても良くならないようならば早めに受診しましょう。

画像: 体調が良くないときのおりもの

おわりに

一人一人の体のつくり、体質が違うように、おりものの匂いや色も人によって微妙に違います。デリケートなことなので家族や友人にも相談しにくいと感じている人も多いので、日頃から自分のおりものをよく観察しておくことがとても大切です。
おりもので下着が汚れてイヤという方はパンティライナーなどを有効に使いましょう。
下着が汚れるのを防ぐための薄いシートですので、簡単に取り替えられていつでも清潔な状態で過ごすことができますよ。

画像: おわりに

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.