白湯を飲むとキレイになる!?

白湯を飲むと内臓が温まり代謝がアップします。代謝が上がると血液循環が良くなり老廃物も排出されやすくなるのでデトックス効果も期待できます。代謝が悪くなると、便秘になって老廃物が溜まり顔に吹き出物などができやすくなります。しかし白湯を飲むことで新陳代謝を促して代謝が良くなると便秘が解消されるので肌トラブルも改善して健康なお肌を手に入れることができるのです。
また、女性にとって大敵の冷えも白湯を飲むことで血液循環が良くなり改善策の一つとして有効です。

画像: 白湯を飲むとキレイになる!?

白湯を飲むタイミング

まず朝起きてすぐに1杯、150mlほどの量をゆっくりと飲みましょう。
睡眠中に汗として出た水分の補給と体の内側から温めて腸を刺激し、便通を良くする効果もあります。そして、お昼などの食事中の飲み物として白湯を飲みます。これも150ml程度を目安に。適量の白湯は食事の消化吸収を助けてくれます。
最後に、眠る前にも白湯をゆっくりと飲みましょう。量はやはり150ml程度。白湯をゆっくりと飲むことで脳がリラックス状態になり質の良い眠りが得られます。

画像: 白湯を飲むタイミング

誰でもカンタン「白湯」レシピ

やかんや電気ポットに水を入れて沸騰させます。沸騰したらお湯を空気に触れさせると水道水の場合カルキ臭が抜けて飲みやすいですよ。
やかんなど鍋で沸騰させる場合は10分程度、水道水の場合はもう少し長めに沸騰させましょう。体温より少し熱めの50~60度程に冷ましたら白湯の出来上がりです。
白湯に慣れない方は、すりおろしたショウガ・ハチミツ・レモンなどを少量加えると飲みやすいですよ。

画像: 誰でもカンタン「白湯」レシピ

白湯の飲み過ぎには注意

白湯の1日摂取目安量は800mlに抑えましょう。白湯の飲み過ぎはかえって体に負担がかかり必要な栄養が吸収されないで流れてしまいます。また、白湯は水分吸収率の良い飲み物ですので摂取しすぎるとむくみを招きます。
食事中の白湯の飲み過ぎも、消化効率が悪くなる場合もありますので注意して下さい。

画像: 白湯の飲み過ぎには注意

おわりに

最初は味のないお湯に慣れないかもしれませんが、飲み慣れてくると不思議とほのかな甘みを感じられるようになります。そのうち、白湯が「おいしい」「心地よい」と思えるようになってきたら、体が白湯に馴染んできた証拠です。
白湯の効果を感じ始めてくるのは飲み始めて一週間ほど過ぎた頃という方が多いようです。寝起きの白湯で、心と体のバランスを整えましょう。

画像: おわりに

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.