睡眠が十分にとれていないと、朝起きても疲れが取れなかったり、お肌のコンディションが良くなかったり、なんて経験ありませんか?
私たち人間にとって睡眠の目的は「疲労回復」にあります。もちろん体だけでなく、お肌の回復も!眠りに就く時間や睡眠時間も大切ですが、最も大事なことは質の良い睡眠をとることです。
実は、快眠は今朝のごはんに非常に大きく左右されています。朝、何を食べるかによって夜の睡眠が変わるのです!今回は、睡眠の質を高めるために適している朝食の食材をご紹介します!

画像: 睡眠の質が良くなる!快眠食材3つ

快眠食材① バナナ

朝にバナナが定番となってきている理由に、その栄養価の高さがあげられます。
バナナに含まれているオリゴ糖は腸内環境を整え、便秘や下痢を解消してくれます。また、バナナにはカロテンやビタミンB1、B2、Cが豊富!
抗酸化作用のあるポリフェノールも含まれています。
また、バナナに1本で約400mgのカリウムが含まれているそうですよ。

画像: 快眠食材① バナナ

快眠食材② ヨーグルト

ヨーグルトに含まれる乳酸菌とビタミンB群は言わずと知れた美肌成分です!
さらに、カルシウムが牛乳よりも豊富!カルシウムにはイライラを抑える作用がありますので、疲れているときはヨーグルトがおすすめですよ。

画像: 快眠食材② ヨーグルト

快眠食材③ アーモンド

アーモンドは栄養素の塊です。ビタミンEを始めとした、ポリフェノール・不飽和脂肪酸・カルシウム・鉄分・マグネシウム・亜鉛・食物繊維など!
健康と美容嬉しい栄養素がぎゅっと詰まっているんです。
その高い抗酸化作用から老化防止などにも役立ちますし、アーモンドはごぼうの約2倍、玄米の約7倍と言われる食物繊維が含まれていますのでお通じにも良いんです!
それ以外にもアーモンドの代表成分ビタミンEにはたるみやしわの原因になる糖化を防ぐ働きがあったり、紫外線から肌を守ったり、女性ホルモンの働きを整えたり、冷えの解消効果など、女性に嬉しい効果がたくさん得ることができるんですよ!

画像: 快眠食材③ アーモンド

おわりに

①~③の食材にはたんぱく質の必須アミノ酸の1つである「トリプトファン」が含まれています。トリプトファンを摂取すると、通常血液を通って脳に運ばれていきます。トリプトファンは脳の中で様々な形に変わり、神経伝達物質のセロトニンに変化します。これが夜になるとメラトニンという睡眠を促すホルモンに変化するのです!
快眠のヒントは朝ごはんにあり!明日から朝に快眠食材を摂って、夜ぐっすり眠りましょう!

画像: おわりに

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.