口紅を綺麗につけても、飲み物を飲んだり、食事をしたり、口紅の色落ちは避けられませんよね。口紅が落ちるたびに直すしかない…と思っている方も多いかと思います。
でも、口紅を塗るたびに乾燥がひどくなったり、しまいには皮がむけてきてしまったり…。
口紅による唇トラブルってとても多いんです!
1日1回塗って終わり!とまではいきませんが、口紅が半日キープするテクニックはあるんです!落ちないリップメイクの方法はコチラ。

画像: 絶対落としたくない!口紅を半日キープするテクニック

ポイント① リップクリームで保湿

リップメイクを始める前に欠かせないのがリップクリームでの保湿です。
これは顔のベース作りと同じで、潤った唇でないと口紅は落ちにくくよれやすいのです。
下地用のリップクリームもありますし、ワセリンなどで代用してもOK!口紅用のエッセンスコスメなどもありますが、自分の唇に合うものを選んで下さい。
塗るときは横にきゅっと引くのではなく、唇のシワを埋めるように縦に塗ります。

画像: ポイント① リップクリームで保湿

ポイント② リップペンシルで下地

毎日お化粧をする多くの女性の半数がリップライナーを使わないそうです。
確かに、他のコスメよりも注目されにくいリップライナーですが、本来は唇を縁取りに使われますよね。しかし、今回は下地として唇全体に塗ります。これを唇全体に塗るのと塗らないのでは、口紅の持ちが全然違います。
通常の使い方通り、まずは唇の形に縁取ります。そして、唇のシワや表面にそって唇全てを塗りつぶしてあげてください。

画像: ポイント② リップペンシルで下地

ポイント③ 口紅の後にティッシュオフ

ここでやっと口紅です!リップクリームと同じように、唇の縦ジワを埋めるように縦と横に塗ります。ここでリップブラシを使うとより落ちにくく仕上がりますよ。
口紅を全体に塗ったら、最後にティッシュを使って余分な口紅をオフしましょう。
ティッシュオフすると余分な口紅が取れて、唇に口紅がしっかりと馴染みますよ。

画像: ポイント③ 口紅の後にティッシュオフ

おわりに

ちょっとした豆知識ですが、高価な口紅が効果があるわけではありせん。
口紅の価格は300円~6000円程度と、驚くほどピンキリです。
しかし、その原材料はほぼ変わりません。口紅を含む他のコスメの価格は3つのことで決まるといわれています。①広告宣伝費(CMなどの宣伝)②研究開発費(製品研究費)③原材料費(口紅の原料)です。
ブランドによっても変わりますが、コスメによってはその原価は数十円~数百円なんです。
決して高いから良いものではなく、安いから良くないものでもありません。
ブランドだけでなく成分や発色、テクスチャーなど総合的に見て、自分が満足できる口紅を選んでくださいね!

画像: おわりに

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.