「白は七難隠す」と昔から言いますが、白くてシミのない美しい肌は女性の憧れですよね!
美容に気遣う女性の多くが、美肌ケアと美白ケアを同時に行っています。
美白ケアの基本は美白の大敵である紫外線をブロックすることですよね。基本的には1年中紫外線ブロックをするのが一番ですが、特に油断ならなくなるのは4月から9月の半年間なんです。この期間は、1年の中でも最もケアが必要な時期!ちなみに、時間帯では昼前後の10時前後から15時頃が最も紫外線が強くなるのでご注意を!
今回は、今すぐに始められる美白ケアをご紹介します。美白美容マスターなら知ってて当然かも!?

画像: 徹底的に美白ケア!今から出来る3つのこと

① 日焼け止めより保湿がポイント

美白ケアとなると、真っ先に浮かぶのが「日焼け止め」ではないですか?
しかし、それと同じくらい、それ以上外せないポイントは「保湿」なんです。
肌がしっかりと潤っていると、ターンオーバーがスムーズに行われシミやくすみの原因となるメラニンの色素の沈着を防ぎます。さらに潤いのある肌は、バリア機能が正常に働いていますので肌を紫外線からブロック!肌を常に乾燥させないことが美白の基本です。
潤ったお肌は化粧水の浸透もしやすく、美白コスメの効果を最大限に引き出せますよね。

画像: ① 日焼け止めより保湿がポイント

② 美白ケアは夜にしっかり!

①の通り、朝は1日のお肌をつくりますので保湿がメインとなります。朝の美白ケアは日焼け止めや日傘などの紫外線ブロックを気にするだけで十分です。
美白効果のある化粧品の成分が肌の奥深くにまで浸透しやすいのは夜です!
というのも美白成分として化粧水などに用いられているビタミンCやアルブチンなどの成分は紫外線で劣化しやすく、肌を刺激したり、かえってシミを濃くしたりする場合もあるのです。コスメなどの美白ケアは夜にしっかりと行う方が効果的!

画像: ② 美白ケアは夜にしっかり!

③ 日焼けの後は体の中と外から保湿

どんなに日中気を付けたとしても、会社の電気や日の光などによって日焼けはします。
紫外線は肌だけでなく、目からも入ってきますので、どんなに気を付けていても100%ブロックとはいきません。大切なのは、日焼け後のお手入れです。
まず、日焼けした直後美白ケアを行うのはNGです。美白成分の中には、お肌への刺激があるものもあり日焼け(炎症)を起こしているときは使用を避けた方が良いでしょう。
日焼け後はクールダウンが鉄則です!とにかく冷やして十分な保湿をすることで、肌へのダメージを進行させないが重要!また、ビタミンCなどを積極的に摂るなどして、体の中からの美白ケアを行うとより効果的ですよ。

画像: ③ 日焼けの後は体の中と外から保湿

おわりに

白肌の価値が年々高まり、迷ってしまうほどの美白美容液がたくさん販売されていますよね。どれが有効かは自分の肌で判断すること!美白化粧品の有効成分は様々ですが、自分の肌に必要な成分はそれぞれ違います。何が必要かを把握した上で使い、自分のお肌にとって効果があるものを選ぶとより美白へと近づきますよ。

画像: おわりに

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.