内臓の調子が悪いとき、お肌の調子が悪いなぁと思ったことはありませんか?
内臓と大人ニキビには深い関係があります。内臓の不調がニキビとなる原因と、その改善方法とは?

画像: 内臓からアプローチ!大人ニキビの改善方法

根本が違う大人ニキビと思春期ニキビ

過剰な皮脂分泌が原因の思春期ニキビは、洗顔を丁寧に行ったり、肌を清潔に保つことで改善されていきます。思春期ニキビはホルモンバランスの変化によるものなので、顔の中でも皮脂腺が多いおでこから鼻にかけてのTゾーンにできることが多いようです。
しかし、大人ニキビの原因はとても複雑です。ただ清潔にしておけばいいわけではありません。大人ニキビのその大きな特徴は、一度できるとすぐに重症化し治りにくいこと。
ニキビが出来る場所も頬や顎などのフェースライン、首筋など。皮脂以外に原因があることが多いのです。

画像: 根本が違う大人ニキビと思春期ニキビ

大人ニキビと内臓の関係

ストレスなどで疲労が溜まると体が疲れるのと同じく、内臓も疲れています。
内臓が疲れるとどういった症状が起こるのかといいますと、まず胃腸の機能が低下します。すると、消化吸収の力は低下しますので消化しきれずに残った余分な栄養は毒素となって体内に留まります。さらに必要な栄養が吸収されないとお肌の質が落ちて「ニキビ」となってしまうのです。
それ以外にも、肝臓が疲れると血液の浄化作用が低下します。すると老廃物の多いどろっとした血液になってしまうのです。血液がどろどろだと、吸収した栄養素を肌まで運べません。他にも、腎臓機能が低下すると老廃物を排除しづらくなり毒素が外に排出されにくいとった弊害があるのです。ニキビだけでなく、内臓機能の低下は体の健康も低下させてしまっているんですね。
ニキビがここにできたら不調を訴えている内臓には、以下のようなものがあります。

にきびの場所と内臓の不調な部位の位置関係
・おでこ…胃・小腸
・口周り…胃・小腸
・あご周り…婦人系の疾患
・鼻…肺・大腸
・頬…胃・小腸

画像: 大人ニキビと内臓の関係

内臓機能を低下させないために!

内臓機能を高める、または戻すには内臓を休ませることが大切です。
つまり、生活習慣を見直すことが重要なのです。
スナック菓子や、インスタント食品、ジャンクフードなどの加工食品は控えたり、血液の流れを良くするために水をこまめに飲んだり。暴飲暴食やアルコールの摂取は控えるなど健康的な食習慣へと意識するだけで、内臓機能が正常に戻っていきます。

画像: 内臓機能を低下させないために!

おわりに

内臓の調子が悪くなると大人ニキビだけにとどまらず便秘や胃もたれなど健康を阻害することがたくさん。内臓に負担がかからない生活習慣を心がけて体の内側からキレイをキープしましょう。

画像: おわりに

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.