上手に「甘える」習慣を身につける

昔から、モテる女性は甘え上手です。甘え方というのは人それぞれで、その人の性格や家庭環境、兄妹構成などにも多少影響していますよね。
中には「甘えるのって苦手」「恥ずかしい…」「長女だからわからない…」なんて女性も多いんです。甘えるというのは、決して、べったりと相手に寄り添ったり、猫なで声を出したり、女を全開にすることが甘えることではありません。
恋愛だけでなく、同性にも使える、相手が嬉しい甘え方のテクニックをご紹介します。

画像: 上手に「甘える」習慣を身につける

上手な甘え方ってどんな甘え方?

① 語尾を変えるだけでOK

ちょっとした頼み事をするとき、あなたはどんな言葉で頼んでいますか?
例えば、コーヒーを頼むとき「コーヒーいれて!」「コーヒーお願い!」。何気ない言葉ですが、場合によっては「自分でやってよ…」と相手は思ってしまうことも…。
この言葉を「コーヒーいれて欲しいなぁ」や「コーヒーいれてくれたら嬉しいなぁ」に変えるとどうでしょう。同じ短い言葉でも、こちらの方が「仕方ないなぁ~」と思いませんか?短い言葉でも、語尾をちょっと変えるだけ伝わり方が変わるように、相手の受け取り方も変わります。

画像: ① 語尾を変えるだけでOK

②「ごめんね」は、先に「ありがとう」を、後に!

これは恋愛だけではなく、ビジネスシーンでも活用できるテクニックです。
相手に直してほしいことを伝えるとき「○○さん、いつもすごく頑張ってるんだけど、ここはこうして欲しいの」と言われるのと、「○○さん、ここはねこう直して欲しいの。いつもすごく頑張ってくれてるよね」と言われるのでは、印象が違います。
前者の方が、「直された」という印象が強く残り、後者の方が「褒められた」という印象が強く残ります。頼み事をした後も同じです。
「○○してくれてありがとう!本当ごめんね…」よりも、「…本当にごめんね。○○してくれてありがとう!」の方が、嬉しいですよね。

画像: ②「ごめんね」は、先に「ありがとう」を、後に!

③ 大きい「1」より小さい「10」

甘えることが苦手な女性は、それが相手にとって負担になるのでは?と考えてしまうから。
男性だって大きな負担になるようなお願い事をされても困ります。しかし、小さなお願い事、些細なことであれば、よほど短期な男性出ない限り嫌だとは言わないでしょう。
ポイントは、1回の「高級ブランドバッグを買って!」ではなく、10回の「些細な可愛いお願い」なのです。男性は10回のささいなお願いは覚えていなくても、1回の大きなお願いはしっかりと覚えています。

画像: ③ 大きい「1」より小さい「10」

おわりに

恋愛においてちょっとしたテクニックは計算ではありません。
相手も自分嬉しいこと。それは打算ではなく、二人の愛をもっと深く大きくするために手段なのです!上手な甘え方、ぜひ実践してみてくださいね。

画像: おわりに

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.