毎朝念入りにメイクしているのに、お昼過ぎにはもう化粧崩れが…と悩む女性は少なくないんです。どうせなら家に帰るまで同じ状態をキープしたいですよね。
化粧崩れ原因はコスメ??いいえ、化粧崩れの主な原因は3つです。
それは「乾燥」「汗」「皮脂」にあります。
肌の保湿成分が少なく乾燥すると、ファンデーションが密着しなくなり、ヒビが入ります。また、汗がにじみ出ることでファンデーションがよれてしまいます。汗同様、脂がにじみ出てファンデーションがよれます。今使っているコスメ合っていないというよりも、この3つの原因が大きいかもしれません。
では、この3つの原因を踏まえて、具体的にどう防止対策をしたらいいのかご紹介します。

画像: 皮脂崩れに悩む女性へ!崩れ知らずのベースメイクのSTEP

ステップ① 保湿を意識したスキンケア

季節によっても変わりますが、化粧水、乳液、クリームなどが基本のスキンケア。
乳液やクリーム、美容液よりもまずは水分をたっぷり補給してあげて下さい。
乾燥によるヒビ割れ、皮脂浮きの原因の多くがお肌の水分不足です。これでもかというくらい化粧水をたっぷりとつけたらしっかりハンドプレスをしましょう。手の温度で肌の奥に馴染ませます。次に薄く乳液をつけたら、またハンドプレスで浸透させます。
時間がなくて化粧水をつけてすぐ乳液、となると肌に浸透出来なかった液体とファンデが混じってヨレます。
また、乳液やクリームを塗る時は乾燥しやすい頬などを中心に。おでこや鼻は汗や皮脂が浮きやすいので薄めに塗りましょう。
スキンケアが終えたら顔全体にティッシュを置いて軽くおさえます。こうすることで、肌に入りきらなかった余分な液体や汗・皮脂をとります。

画像: ステップ① 保湿を意識したスキンケア

ステップ② ファンデーションは薄塗りでもなく厚塗りでもなく

シミやしわを隠そうとファンデを厚く塗りすぎると、崩れやすくなります。ニキビ痕やシミなどの隠したい箇所がある場合はコンシーラーなどのコスメを使った方が崩れません。
そして、意外と盲点なのが目の周りです。目の周りというのは比較的毛穴もなく肌のキメも細かいので、そこだけファンデをしない女性もいるんです!しかし、目の周りは涙や油分でにじみやすい箇所なので、くまなくつけなくてはなりません。
薄付きにしようとしてもメイクは崩れます。化粧崩れをしにくくするには、顔全体的にまんべんなくファンデをすることが重要なのです。

画像: ステップ② ファンデーションは薄塗りでもなく厚塗りでもなく

ステップ② あぶらとり紙ではなくティッシュを使う

それでも、時間が経つと皮脂や水分は浮き出てテカリは気になってきますよね。
そのときは、その都度ティッシュで軽く押さえてあげて下さい。あぶらとり紙よりもティッシュの方が優しく、肌に触れる接着面も広いので、刺激が少ないです。
あぶらとり紙を使う場合は、和紙タイプのあぶらとり紙だと油をとりすぎなくてちょうどよいですよ。

画像: ステップ② あぶらとり紙ではなくティッシュを使う

おわりに

それぞれのステップを踏まえて、ベースメイクをするといつもよりも崩れにくくなっているはずです。汗をかきやすい方は、フェイスパウダー代わりにベビーパウダーを薄く叩くのも良いですね。その上からカバー力のあるパウダーを重ねるとより皮脂崩れを抑えられますよ!1日の始まりを左右するメイクだからこそ、丁寧に!

画像: おわりに

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.