「敏感肌」の定義をご存じでしょうか?

敏感肌は角層が荒れた肌のことをいいます。もう少し具体的にいうと、ストレスや体調の変化、外部の刺激などによって角層のバリア機能が弱まってしまい、肌本来の機能を果たせなくなっている状態です。敏感肌になると外部の刺激が肌に侵入しやすく、水分も蒸発しやすくなります。しかし、敏感肌は適切なケアを続ければ改善できます。敏感肌だけでなく美容にも有効な対策方法はコチラの3点!

画像: 「敏感肌」の定義をご存じでしょうか?

① ビタミンを摂取する

美容にも良い果物類に多く含まれるビタミンは、お肌の潤いを保つコラーゲン合成に必要です。さらにお肌組織の正常な再生を行うには亜鉛は欠かせません。また、お肌の免疫バリアを正常化するビタミンB群は、かぶれや炎症性の敏感肌にとても効果があります。
そのほかに、敏感肌を促しているかもしれない食べ物にも要注意です。
脂質の塊であるパスタや、ほぼ炭水化物であるラーメンなどは栄養バランスがとりにくいので、お肌の生成に必要な栄養素が不足していることが多いです。
また、体を冷やす食べ物にも注意が必要です。体が冷えて血行が悪くなると肌代謝は悪くなり必要な栄養素が行き届かなくなってしまいます。美容と健康に気を付けて食べているつもりの生野菜を使ったサラダ、氷で冷やされた飲み物などは冷えを促します。冷えが敏感肌を悪化させる可能性もありますのでご注意を。

画像: ① ビタミンを摂取する

② 皮脂を残すフェイスウォッシュ

敏感肌になる多くの方が、顔の洗いすぎ、こすりすぎが原因となっているそうです。
肌荒れを気にするあまり、必要以上に洗顔をしてしまうと必要な油分まで落ちすぎてお肌の水分が保てなくなります。お肌の水分をキープするにはお肌の表面に適度な油分を残すことが大切なのです。洗顔するときはなるべくよく泡立てて、肌に刺激を与えないように注意しましょう。

画像: ② 皮脂を残すフェイスウォッシュ

③ コスメを見直してみる

敏感肌の原因は体質によっても様々です。ある敏感肌の人には最適なコスメであっても、ある敏感肌の人には合わないコスメもあります。敏感肌用と書かれたコスメを使っても、余計に状態がひどくなる方もいます。しばらく使ってみてダメなら思い切ってコスメを変えましょう。水分をキープするための油分が必要なのか、水分が必要なのか、自分のお肌に必要なものを理解して、お肌のバランスを整えてくれるコスメを選ぶことがポイントです。

画像: ③ コスメを見直してみる

おわりに

肌の乾燥や敏感肌は肌表面のケアだけでなく、体の内側からのケアが必要です。
外側と内側のケアで、敏感肌を改善し、美肌を目指しましょう!

画像: おわりに

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.