「たられば」という言葉をご存じですか?
もし~していたら、もし~していれば。という、事実とは無関係な仮定の話のことをいいます。事実とは異なることを仮定して、勝手に後悔すること。してもしかたがない話という意味で使われることが多い言葉です。恋愛でも、この「たられば」を減らせば、することのなかった失敗を繰り返しませんよ。

画像: 「たられば」を減らせば良い恋が育む!

人は「思い込み」を繰り返す生き物

私たちは、過去の経験・失敗・成功など様々な知識によって予測して脳の負担を減らし、効率的に生きるために思い込みを繰り返します。
本来は、今の状況をより良くするためにする手段である思い込みが、自らの恋愛を壊してしまうこともあります。思い込みによって今の恋愛が失敗してしまわないように自分の行動や考えを振り返ってみましょう。

画像: 人は「思い込み」を繰り返す生き物

① 会えない理由を勝手に予測していませんか?

彼の仕事が忙しくてなかなか会えない、会ってくれないことってありますよね。
「今ちょっと仕事が忙しい時期だから」と、言われているのにも関わらず、他に何か理由があるのを自分に隠しているのでは?もしくは、他に女が出来たのでは?などと、会えない理由を勝手に想像・妄想していませんか?
彼が浮気している、嘘をついてる、など、疑心暗鬼を勝手に生み出して彼を困らせたり、険悪な状態に持ち込んでしまう可能性もあります。

画像: ① 会えない理由を勝手に予測していませんか?

② 過去の愛情表現と比較していませんか?

人によって愛情表現の仕方は様々です。ハッキリと言葉に出して「好きだよ」と伝えられる男性もいれば、直接的な言葉を伝えるのは苦手で愛情を行動に出す男性もいます。
でも、今までの恋愛経験から「好き」という言葉がないと「本当に私のこと好きなのかな?」と不安に思ったり、その不安を解消するために執拗に「私のこと本当に好きなの?」と聞いたり…。愛情表現が苦手な男性にとって、それは苦痛でしかありませんよね。
行動で示しているのだからわかってほしいと思う男性もいるでしょう。
自分の求める愛情表現と相手の愛情表現が違うからといって、そこに愛がないわけではありません。それこそ勝手な思い込みですよね。

画像: ② 過去の愛情表現と比較していませんか?

③ ずーっと仲良しなんてありえません

すごくラブラブな時期もあれば、全くうまくいかない時期も恋愛にはあります。
むしろ、二人で大きな困難に立ち向かってからが本当の恋愛ではないでしょうか?
「今まではこんなことなかったのに…」と、不安に思うことはありません。そういった時期を乗り越えられるかもしれない相手に巡り合えたのです。この困難を乗り越えれば、お互いが今よりももっと成長して、二人の関係はさらに深まることも!
今までの恋愛にはない危機が迫ったときは、この恋をより深く固い絆にするチャンスだと思いましょう。

画像: ③ ずーっと仲良しなんてありえません

おわりに

~していたら、~していれば、そうやって思い込むのはもう今日で終わり。
良い恋を育む成功のカギは、今の現状にしっかりと目を向けて今を見失わないこと!
過去の成功例・失敗例にとらわれすぎずに、今の恋愛と向き合いましょう。

画像: おわりに


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.