露出が多くなる夏に向けてダイエットを始める方も多いのではないでしょうか?
しかし、夏は太りやすい時期でもあります。偏った食生活を送ってしまったり、水分を摂りすぎることが太りやすい原因ともいわれていますが、一番大きな原因には代謝が上がりづらくなることにあるんです。代謝が上がりづらくなるのは何も夏だけではありませんよ。ポイントは体温よりも高い温度で過ごしているかどうかです!では、体温よりも高い温度で過ごすとどうなってしまうのでしょうか?

画像: 夏も冬も要注意!体温よりも高い温度は太りやすい!?

暑さが原因で基礎代謝が低下する!

基礎代謝、つまり脂肪を燃やすための力は暑い夏よりも寒い冬の方が大きいそうです。
その理由としては、体温よりも気温の低い冬は体温を維持するためにエネルギーを燃やし続けるから。反対に、夏は体温よりも気温が高い・または体温と同じくくらいの気温ですので、エネルギーを燃やさなくても体温を維持できます。そのため基礎代謝は低くなってしまうのです。しかし、これは冬にも同じことが言えます。冬になると暖房や防寒などで必要以上に寒さから体を甘やかしてしまいます。すると、自分で代謝を上げなくても良いんだ!と体は判断し、代謝は下がってしまうのです。代謝が落ちると脂肪が落ちにくくなりますので、ダイエットどころではありません!

画像: 暑さが原因で基礎代謝が低下する!

ビタミン・ミネラルが不足しやすい!

体温が高くなると汗をかきます。汗をかくと水分だけでなく体内のビタミンやミネラルも一緒に奪われます。ビタミンやミネラルは脂肪代謝を促すのに必要な成分で、不足すると脂肪が上手く代謝されなくなり、太りやすくなってしまうのです。室内温度を過剰に上げたり、必要以上に着こんだりして、余分な汗をかいてはいませんか?

画像: ビタミン・ミネラルが不足しやすい!

むくみやすくなる

暑い場所にいると冷たい飲み物の摂取が増えますよね。
冷たい飲み物は体をむくみやすくします。ダイエットにむくみは大敵です。むくみは太く見えてしまったり、セルライトの原因ともなるので、塩分を控えた食事やカリウムの摂取を心がけてください。

画像: むくみやすくなる

おわりに

重要なことは、季節に関わらず体を甘やかしすぎないことです。
人間の体は私たちが考えている以上に優秀です。寒いと感じれば、熱を作ろうとしますし、暑いと感じれば、体を冷やそうとします。私たちが自ら手を加えることは、その補助的なサポートであって、メインで働くのは体の様々な機能なのです。

画像: おわりに

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.