今や、パウダーファンデーション、リキッドファンデーションと同じように主流となった「ミネラルファンデーション」。始まりは1970年代、手術痕や火傷の跡にも使えるように米国のお医者さまが開発した自然派のファンデーションです。特徴としては「つけたまま眠れる」「クレンジング剤が不要」!お肌に負担がかからず皮膚に優しいということで、数年前から人気に火が付き継続して多くの女性に愛用されています。
しかし!実は100%ミネラルと謳っているにも関わらず、それ以外の成分が入っているコスメも少なくないのです…。あなたのミネラルファンデは、本物?それとも偽物!?

画像: 自然派ファンデーションは本物を選ぶ!

ミネラルファンデーションの成分

ミネラルファンデーションの「ミネラル」とは鉱石のことです。
主に「マイカ」「酸化チタン」「酸化亜鉛」「酸化鉄」などのミネラル成分で構成されているものがほとんどです。なんと、このミネラル成分が少し入っているだけで、商品名に「ミネラルファンデーション」としているコスメも多々あるんです!
成分表示を見たときジメチコン(シリコン)などの合成ポリマーが含まれている場合、それは普通のファンデーションとほぼ変わらないことが多いです。特に合成ポリマーが成分の上に来ている場合は、普通のファンデーションと同じくクレンジングが必要です。

画像: ミネラルファンデーションの成分

この成分に注意!偽物の可能性大

【合成界面活性剤】

肌のバリア機能を低下させて肌の乾燥を招くと言われている化学合成成分の代表ですね。
界面活性剤と記載されていいないだけで、「ラウリル硫酸」「ナトリウム」「ステアリン酸グリセリル」「ポリソルベート」などと表示されていることがあります。

【タール】

石油からできた合成色素です。発がん性やシミやくすみの原因になるといわれています。

【パラベン】

防腐剤の代表です。パラベンの代わりにも「エデト酸」「フェノール」などが配合されている場合も同じです。この防腐剤が原因で肌がかぶれたりかゆみを生じたりなども。

【ジブチルヒドロキシトルエン】

酸化防止剤です。化学合成成分になります。

画像: 【ジブチルヒドロキシトルエン】

成分表示数が出来るだけ少ないものを選ぶ!

ミネラルファンデーションは肌に余計なものを与えないという考えから作られました。
ですから本物のミネラルファンデは配合成分が10種類以下のミネラル成分で作られているものがほとんどです。極端に配合成分が多いものは、まず偽物かも?と疑い、成分よく調べてみることが必要です。ミネラルで出来ているからお肌に優しく刺激が少ないので、偽物ではその価値は発揮されません。

画像: 成分表示数が出来るだけ少ないものを選ぶ!

おわりに

ミネラルファンデだけでなく、自然派コスメは年々注目を浴びています。
それと共に、自然派を謳った偽物が多く出回っていきます。
その成分は何の成分なのか、成分表示を厳しい目線でチェックすることが本物を選ぶ秘訣なのです!

画像: おわりに


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.