恋愛ベタの特徴

① 尽くすことが好き

尽くす女性は素敵です。しかしそれにも限度があります。その限度とは、「自分は同じように返すことはできないだろうなぁ…」と、相手が感じてしまったとき。それは、相手にとって尽くされているのではなく重いと感じ始められている証拠です。
尽くすことが好きな方は恋愛において依存体質の女性が多く、常に恋愛していないと落ち着かないタイプ。不安を感じやすく、その不安を相手の言葉で解決しようとして、わざと喧嘩をふっかけるような拗ねる言い方をしてしまったり。感情や気分の起伏が激しいのも特徴です。恋愛体質の人は相手も恋愛体質でないと、なかなか長続きしづらいようです。

画像: ① 尽くすことが好き

② 絶対に譲れない趣味・趣向がある

自分の好きなものがあるのはとても良いことです。しかし、自分が熱中することに没頭すると相手のことを全く考えなくなるような場合は、交際の長続きは難しいでしょう。
芸術家気質の男女の離婚率が高いのはこういった理由もあるかもしれません。

画像: ② 絶対に譲れない趣味・趣向がある

③ 干渉し合うことに抵抗がない

恋愛ベタの女性でとても多いタイプがこれです。まだまだ付き合って日が浅いうちから過去の恋愛、遠い将来のことなど、大きな秘密などを共有するのはやめましょう。そういった干渉することに抵抗がないタイプの女性は、結局自分が相手から愛されていることを信じることができていないので、何か不安が大きくなると深く傷つかないように自分から逃げ出して別れてしまうというパターンも多いのです。

画像: ③ 干渉し合うことに抵抗がない

④ 恋愛に臆病になっている

恋愛経験が乏しくて臆病になっているのか、過去の恋愛経験から臆病になってしまったのか。どちらにせよ、恋愛に臆病な人は、何かにおいても心配事が尽きません。
まだ始まったばかりの恋愛でも、「いつか別れるのかなぁ…」と終わりを迎えるときのことを想像したり、相手の何気ない言動に過敏になり「私、もう捨てられる?」など飛躍しすぎたり。勝手に妄想して、勝手に苦しくして、自分で勝手に恋愛を壊してしまう可能性が大いにあります。

画像: ④ 恋愛に臆病になっている

おわりに

恋愛を長続きさせたい!と気負うことはありません。
まずは、「この人と長く一緒にいたい」そう思える相手であることが、重要です。
そして、そう思っていることを相手に伝えること。自分の思いを伝えて、しっかりとした関係性を築いていくことが、不安を減らす方法の一つです。不安なのは自分だけじゃありません。恋愛ベタ体質から脱却すれば、これから先の未来もきっと彼の隣にいるのはあなたですよ。

画像: おわりに

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.