日本人の体の不調に大きく密接している凝り!肩凝りや首凝りは健康を阻害するだけでなく、頭痛・むくみ・眼精疲労などの症状を併発する原因ともなります。
そして、女性にとって何よりも恐ろしい弊害が「顔のたるみ」の原因になること!
あなたの顔のたるみ、もしかしたら年齢のせいじゃないかも…。

画像1: 顔がたるむのは年齢だけじゃない!その凝りが原因だった!?

一般的にデスクワークやPC作業が多い人の姿勢というは、ひじが外側に広がって肩が内側に入り首が前のめりになりやすいそうです。そしてその結果、肩甲骨が外側へ引っ張られて、肩と首周りに負担が大きくなる状態となってしまうのです。
体がバランスを取るために無意識に首が前のめりになると、食いしばりが強くなったり、下向き姿勢になることから、顔が重力の影響をもろに受けてしまうのです。すると、重力に負けてしまった顔はたるみやすくなるのです。

画像2: 顔がたるむのは年齢だけじゃない!その凝りが原因だった!?

この凝りサイクルを放置してしまうと、体はもちろんですが、顔のたるみも実年齢以上にどんどん進んでしまう可能性があります。だからといって、生活サイクルを変えることは出来ませんよね。そこで、日常のちょっとした工夫で顔のたるみを防ぐコツをご紹介します。たるみだけでなく、健康な体を導く良い影響にもなりますよ。

画像3: 顔がたるむのは年齢だけじゃない!その凝りが原因だった!?

顔のたるみを防ぐコツ

① PC画面での注意

スマホやタブレットも同様ですが、設定文字の大きさを少し大きくしてみて下さい。小さな文字は姿勢を悪くする原因となっていますので、少し大きいかなと思うくらいがベストです。また、画面をスクロールするときも要注意です。このスクロールは目への負担がとても大きいそうです。スクロールするときはなるべく、画面をじっと直視しないように気を付けてみてください。

② 筋肉疲労を回復する食べ物を選ぶ

毎日同じ凝りサイクルを過ごしていると、凝りがたまっていくだけで体の休息が追い付きません。凝りを体から出せないのなら、回復するものを取り入れることが重要になってきます。凝りの大きな原因は筋肉疲労にありますので、筋肉疲労を回復する食べ物を積極的に取り入れてみてはいかがでしょう。たとえば、ビタミンB1には筋肉の疲労を取り除き、
肩こりの予防や解消効果が期待できます。ビタミンB1は牛肉や豚肉などの肉類、豆類に多いそうです。また、ビタミンEには全身の血行を良くする働きがあります。ビタミンEを多く含む食べ物にはアーモンド、うなぎの蒲焼き、かぼちゃなどがあります。

画像: ② 筋肉疲労を回復する食べ物を選ぶ

おわりに

実年齢よりも、自分の顔や首がたるんでいる気がする…。そんな不安を抱えていた方、いませんか?もしかしたら、その原因は凝りにあったのかも!その場合、いくらスキンケアに力を入れても、根本的な原因が解決しなければたるみは解消しません。体の健康のためにも、お肌のためにも、凝り習慣を見直してみませんか?

画像: おわりに

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.