睡眠不足でもなく、毎日快眠出来ているのに、目の下のクマがとれない…。そんな方、実は結構多いそうです。目の下にクマがあると、必要以上に疲れて見えたり、不健康に見え性質、実年齢よりも老けて見えたりしますよね。クマによっても原因が違いますが、実はクマが出来やすい人というのがいるんです。もしかしたら、自ら進んでクマが出来やすいように動いてしまっている可能性も!クマが出来やすい人はこんな人!

画像: 顔の印象を暗くする目の下のクマ!出来やすい人はこんな人

クマができやすい人の特徴と傾向

① 何かと目をこすってしまう

目をこすったり、強くさすってしまったり、物理的な刺激の蓄積はクマを生む大きな原因となります。お肌に摩擦が生じすると炎症が起きます。炎症が起きると、防御する働きのメラニンが発生してしまいます。ご存知の通り、メラニンは色素沈着の大きな原因です。何かと目元をこすってしまう方は、過剰なメラニンが皮膚に沈着し目のクマとなってしまうのです。

② 冷たい飲み物が好き

主に青いクマができやすい方の特徴に、冷たい飲み物や生野菜が好きな方が多いそうです。
冷たい飲み物は胃腸の機能を低下させますので、全身の血行不良の原因となりえます。全身の血行不良は健康を害しますし、結果的に青いクマの起因になります。

画像: ② 冷たい飲み物が好き

③ 寝る前に何か食べてしまう

クマが出来やすく、そして悪化しやすい人の多くが寝る前に何か食べてしまう習慣があるそうです。とくに甘いものや炭水化物を多く取った場合に起こりやすいといわれています。
糖分の摂りすぎはお肌のくすみの原因になりかねません。お肌のくすみが、クマとなって見せてしまっているかも!寝る前の食事は健康的な習慣とはいえませんので、せめて寝る1~2時間前には食べるのを止めましょう。

④ 喫煙者

煙草に含まれるニコチンには毛細血管を収縮させて血流を悪くする作用があります。血流の悪化はクマの進行を促します。さらに睡眠中、ニコチンが切れた状態での眠りは浅くなりがち…。そもそも、喫煙者は煙草を吸っていない人よりも寝不足になりがちですので、質の良い睡眠がとれていないことがあるのです。こういった浅い眠りがクマの原因になっていることも。

画像1: ④ 喫煙者

目の周りは顔の中でも最も皮膚が薄く刺激を感じやすい部分です。
クマ対策とばかりに行っているマッサージなども、かえって逆効果になることもありえます。クマを予防するには、特別なことをする必要はありません。たとえば、ホットタオルを目元にあてて血行を促進したり、目の周りの筋肉を意識して動かしてみたり。シャワーだけで終わらせず、しっかりと入浴したり。そういったことの積み重ねによって、クマの悪化は防ぐことが出来ます。

画像2: ④ 喫煙者

おわりに

目の周りは眼球を始めとした、たくさんの毛細血管が通っています。そこに血液が流れて目や目の周りに栄養、酸素を送っているのです。この流れがスムーズであるだけで、クマの予防が出来るのです。目元はとても敏感で、そして繊細であることを忘れずに、優しくケアしてあげて下さいね。

画像: おわりに

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.