血管年齢が若いと見た目年齢も若くなる、ということは研究によっても明らかです。
血液がサラサラな状態が健康に良いというのはよく知られていますは、血液がサラサラであると、美容にもとっても良いんです。そもそも、血管年齢というのは、血液の成分ではなく血管の状態をさします。もちろん、血管の状態を良くするには、そこを流れる血液がスムーズであることも重要です。では、血管年齢を若返らせ、アンチエイジングへと導くための方法をいくつかご紹介します。

画像: 血管年齢、あなたは何歳?
血管年齢を若返らせてアンチエイジング!

血管年齢のアンチエイジング ①お肉よりお魚を食べる

とくに青魚には、DHAやEPAといった成分が含まれています。この成分は、動脈硬化の原因となる中性脂肪を減らしてくれる働きがあります。さらに、DHAやEPAには、血中の凝固を防ぐ働きも認められていますので心筋梗塞や脳卒中の予防にもなるんです。
DHAやEPAが中性脂肪を減らし、さびついた血管が緩和されれば、血管の弾力性も上がり、血管年齢は若返ります。魚は血管年齢のアンチエイジングを目指す人にとって、外せない食べ物なんです。

画像: 血管年齢のアンチエイジング ①お肉よりお魚を食べる

血管年齢のアンチエイジング ②食物繊維を摂る

食物繊維には動脈硬化を予防して、血管年齢を若返らせます。動脈硬化を進行させる原因に、コレステロールの増加、血糖値の増加があります。
食物繊維には、このコレステロールが小腸から吸収されるのを抑制する働きと、腸管で糖質の吸収を抑制。この2つの働きが動脈硬化を予防します!
食物繊維を多く含む食べ物には、玄米、海藻類、きのこ類、大豆などがあります。

画像: 血管年齢のアンチエイジング ②食物繊維を摂る

血管年齢のアンチエイジング ③有酸素運動

軽いストレッチや筋トレなど、運動によってもたらされる効果にプラスして血管年齢の若返りにも良い効果があるといわれています。とくに、体に大きな負荷をかけない有酸素運動はゆっくりと一定のリズムで行うことで、心も身もリラックスします。このリラックス状態のときに作用する副交感神経により血管が広がると、血行が促進されます。また、適度な筋トレは血管が丈夫になり、血液循環の機能もUPしますよ。

画像: 血管年齢のアンチエイジング ③有酸素運動

おわりに

血管は、年齢とともに硬くなる傾向にありますが、そのスピードには個人差が非常に大きく、同じ年齢でも血管年齢は違ってくるのです。
20代なのに血管が硬くなって血管年齢が60代!という方もいれば、60代でもさほど血管が硬くなく、血管年齢が20代の人もいます。今や血管年齢の若返りが、アンチエイジングの鍵なのです!

画像: おわりに

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.