お茶の間でよく目にする青汁のCM。誰しも一度は目にしたことがありますよね。
中高年世代の方が毎日飲んで、活き活きと過ごしている姿をアピールされています。
しかし!青汁に驚きの美容効果が詰まっていることは知っていましたか?青汁がおじいちゃんおばあちゃんが飲む時代はもう過去の話。今、青汁を積極的に飲んでいるのは、美意識高い系女子のみなさんなんです!青汁が最高の美容ドリンクである理由は、青汁の“緑”にありました!

画像: 美意識高い系女子は飲んでいた!青汁の緑がすごい!

青汁の緑① ケール

青汁の代表的な成分、ケール。
ケールに含まれるビタミンにはいくつもの種類がありますが、注目したいのはビタミンAです。ビタミンAには粘膜を正常に維持する働きがあり、ドライアイ予防・視力回復・胃腸粘膜の正常・メラニン色素沈着の抑制からの美白効果・抗酸化力など。非常に多くの効果を期待することが出来ます。また、ケールには豊富な食物繊維が含まれていますので、腸内で便の量や柔らかさが調整され、お通じもスムーズに!

画像: 青汁の緑① ケール

青汁の緑② 明日葉

明日葉の特徴はポリフェノールが豊富に含まれていることです。
ビタミンも多く含まれ、中でも新陳代謝に欠かせないビタミンB2の含有量が多いので正常なお肌の健康を守ります。また、ビタミンB12にいたっては植物では明日葉にしか含まれていない希少な成分であり、強力な抗酸化作用と癌予防や老化防止に役立ちます!
それ以外にも、明日葉の特有の成分であるカルコンには体のサビを落として体の巡りをよくするデトックス効果があります。他にも、クマリンという成分には抗菌作用があるので、シミ・シワの原因となる活性酵素の抑制効果も期待できます。

画像: 青汁の緑② 明日葉

青汁の緑③ 大麦若葉

大麦若葉が入った青汁は栄養が高く飲みやすいことも特徴です。
主な成分は、ミネラル・鉄・亜鉛・カルシウムなど。毎日の健康な生活に欠かせない無機質の摂取がバランスよくできるのです。そして、なんといっても大麦若葉の青汁には酵素が含まれています。この酵素には高血圧や糖尿病などの生活習慣病を始めとしたリウマチ、動脈硬化などの症状の改善に役立つといわれています。

画像: 青汁の緑③ 大麦若葉

おわりに

青汁を飲む際に、一つ注意してほしいことがあります。青汁の栄養が豊富であるがゆえ、腎臓に欠陥がある方や人工透析を受けている方は要注意が必要です。ビタミン類、カリウム、リンなどを必要以上に吸収することでそれらの症状を悪化させてしまうケースもあります。これから青汁生活を始めようとする方は、自分の健康状態をしっかりと把握した上で始めましょう!青汁の緑が、きっとあなたの美を目覚めさせますよ!

画像: おわりに

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.