「いまよりもっとスタイルをよくしたい!」
「痩せやすい体質になりたい!」

こういった思いをかなえようとすると、どうしても食事制限などで摂取するカロリーを抑えることに重点を置きがちですよね。

画像: ダイエットの新事実!"菌活"が痩せ体質をつくる!

しかし、そんな思いもむなしく、

「脂肪やカロリーをセーブしているのに全く痩せない…」
「食生活を変えてないのに、なぜか太り始めた(>_<)」

となってしまう女性の声は非常に多い様です。
彼女たちは少なからずカロリー制限などを行い努力しているにも関わらず痩せない…

皆さんそれって何が原因だと思いますか??それは。。

あなたの「腸内菌」のバランスが乱れている可能性が非常に高いです!

いま"菌活"が熱いワケ!

そんな「腸内菌」のバランスを保つことで巷でも徐々に広まりつつある「菌活」。

菌活とは、文字通り体に良い作用をもたらしてくれる善玉菌の一種である乳酸菌やビフィズス菌、麹菌などを含んだ発酵食品を、積極的に食べることを指しますが、

最近ではプロの美容家や人気モデルなども始めているばかりか、ある調査では20~30代の60%以上がすでに実践しているというデータもあります。

そんな菌活ですが、一体なぜそこまで注目されているのでしょうか?

答えはかんたんです。

腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えることで、美肌にとどまらないあらゆる美容効果が期待できるばかりか、ダイエットにも非常に効果的という事がわかってきているからなのです。

腸内環境が乱れると恐ろしいことがたくさん!

そもそも、健康な人の腸には善玉菌が悪玉菌を押さえるバランスが保たれています。しかし現代の食生活の乱れなど様々な原因によって悪玉菌優勢となると、腸内環境の悪化が進行していきます。悪玉菌が優勢になってしまうと、腸内で食べたものの腐敗が進み、アンモニア、フェノールなど有害物質が発生、臭いオナラや便となってしまうのです。

有害物質の恐ろしい弊害

しかもオナラや便の匂いだけでとどまるならまだしも、この有害物質は腸管から吸収されていき、全身に巡って、便秘や下痢、頭痛、肌荒れ、口臭や体臭の悪化などにつながっていくのです。

さらに体が有害物質を排出できないでいると、それが血液やリンパにまで流れ込み代謝が低下していきます。そうなると脂肪がうまく燃焼できず、太りやすく、痩せにくい体質になったり、はたまた生活習慣病の原因になることまであるのです。

画像: 有害物質の恐ろしい弊害

悪玉菌が優勢になる原因

悪玉菌が必要以上に増えてしまう原因はさまざまですが、食生活の乱れによる便秘や、その他にストレス、運動不足や不規則な生活、加齢などが考えられます。しかし、腸内のことですから、何と言ってもやはり食べる物が大きく関わっています。

肉類中心、インスタント食品やお菓子などの加工食品、脂肪分の多い食品を摂り過ぎると、十分に消化されないまま大腸に運ばれてしまい、悪玉菌のエサとなってしまいます。悪玉菌はタンパク質や脂肪が大好きなのでそれらを食べて増殖します。

また、豆類や海藻類、野菜や水分をあまり摂らないことも悪玉菌を増やす原因になります。

ほかにも、間違ったダイエット法による過剰な食事制限などが腸内の菌のバランスを崩してしまう場合もあります。間違った食事制限は、便秘や免疫力低下、肌荒れ、肩こりなどのトラブルを引き起こすだけでなく腸の代謝機能も悪くなってしまうのです。

善玉菌を増やして代謝機能をアップ!

つまり、痩せやすいカラダをつくるには食べた物がきちんと代謝される腸内のリズムを整える必要があるのです。そのためには、善玉菌を増やして悪玉菌が悪さをしないように腸内菌バランスを保つ必要があります。

善玉菌はそれ以外にも様々な役割を担っています。そのなかには、腸の活動を活発にしたり、免疫力を高めたり、コレステロールの吸収を抑えたり、ビタミンや酵素を作り出したりなど、様々な健康効果を高めくれるのです。

画像: 善玉菌を増やして代謝機能をアップ!

善玉菌と悪玉菌のバランスがとれれば、おのずと痩せ体質に!

善玉菌と悪玉菌がバランスよく維持されていると腸は元気に活動します。
すると、「痩せホルモン」とも呼ばれる「GLP-1ホルモン」が分泌されていきます。

GLP-1ホルモンとは食後に分泌量が増加するホルモンで、インスリンの調整や糖の吸収を抑えて太りににくくしてくれるホルモン。腸が活発に働いている状態だとGLP-1の分泌量が増え、健康的に痩せられるようになるという事が近年の研究でわかってきているのです。

ところが、悲しいことに善玉菌とGLP-1ホルモンは年齢と共に減少していってしまいます。善玉菌とGLP-1が減ると痩せにくく太りやすい体質に。だからこそ、善玉菌を増やして太りにくい体を作る必要があるのです。

善玉菌を増やすには乳酸菌を含むヨーグルトなどの乳製品はもちろんのこと、納豆などの発酵食品や、EAPを含むサバやイワシなどの青魚、鉄分の多いレバーや赤身肉、魚を積極的に摂取することが重要です。

また増やすこともそうですが、身体を温めて善玉菌の数を減らさないようにすることも重要です。善玉菌は冷たい環境にとても弱く、またお腹周りが冷えるとこ自体も悪玉菌が増える原因になります。

一般的に認知度の高いヨーグルトは菌活にどうなの?

画像: 一般的に認知度の高いヨーグルトは菌活にどうなの?

菌活の定番であるヨーグルト。善玉菌の一つである乳酸菌が多く含まれており、もちろん菌活において効果的ですが、ヨーグルトは体を冷やしやすいので食べ物なので食べ過ぎには注意して下さい。

最近は少し温めてから食べるのが効果的とTVで紹介されていたりしますが、温め過ぎてしまうと乳酸菌は死んでしまい、意味が無くなってしまいます。

そもそも乳酸菌は熱と酸に弱い性質があり、大量に摂取しても腸に行き届く前に体温や胃液などでほとんど死滅してしまうそうです。

カロリーを気にすることなく「菌活」するならサプリメントがおすすめ

余計なカロリーを気にすることなく、善玉菌を増やすならサプリメントがおすすめです。無論、冷えを気にすることもなく、食事制限中でも効率よく摂取できるのが一番の理由です。

乳酸菌サプリメントはいろいろな会社から発売されていますが、なかでも熱や酸に強い特殊製法で作られた生命の乳酸菌が特におススメです。

この生命の乳酸菌は、耐熱性のある7つの乳酸菌を特殊な製法によって胃酸から徹底的にガードするカプセルに閉じ込めてつくっているので、乳酸菌が胃酸などで死んでしまう事が従来品に比べ少なく、確実に腸まで届くという優れものです。

しかも驚きなのが含まれているその乳酸菌の量!

1日分の摂取量の目安である1粒に含まれている乳酸菌の量はなんとヨーグルト約35杯分!これだけの量のヨーグルトは当然食べれる訳がありませんし、もし仮に食べるとして費用がバカになりませんよね。

しかもしかも!今なら初回は送料500円のみで買えるキャンペーンを行っているようなので、計算すると…一粒が約17円!

ヨーグルト35杯分の乳酸菌が含まれている乳酸菌サプリ一粒が約17円と超お買い得です。

著者も迷わずこのキャンペーンを利用して飲み始めたばかりですが、まだ5日程度なのでもうすでに効果を実感し始めています。

おわりに

美意識が高い人は、すでに菌活を始めています。なぜなら、善玉菌の働きによる腸内環境改善が、美肌やダイエットのサポートに効果的ということを理解して、それを実践しているからです。

美容面の恩恵はもちろんですが、なによりも菌活することで体の免疫力を高めることができるので、病気にかかりにくい健康な体を維持できることが嬉しいですよね。どんなに美しさを追求しても、体の健康が前提にないと、その美しさに輝きはありません。輝く美しさを手に入れるには内側からのアプローチが必須なのです!

画像: おわりに


Sponsored by オーガニックレーベル
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.