「美脚」は日頃の習慣が作り上げる

ほどよく筋肉があるのに、ほっそりとした健康的な脚。憧れる女性は多いですよね。
いわゆる「美脚」と呼ばれる美しい脚は、日頃の生活習慣が作り上げるといっても過言ではありません。
美脚ではない人も、美脚の人も、生活スタイルの変化によって、それぞれが逆転することだってあるのです!そこで、美脚を作り上げる、ちょっとした習慣をご紹介します。

画像: 「美脚」は日頃の習慣が作り上げる

毎日歩くことが大事

ウォーキングのような本格的な運動ではなくとも、歩くことは足に筋肉をつけて、ふくらはぎを引き締める効果があります。
有酸素運動には、無理なく出来る脂肪燃焼の高い運動なので、脚痩せにも最適です。
下半身痩せを成功させるカギは、近距離であれば、できるだけ車や電車を使わないようにする工夫が必要です。1駅でも、10分でも、長く歩くことが大切です。

画像: 毎日歩くことが大事

歪みをつくらないこと

骨盤の歪みは、足が太くなるだけでなく体を冷やして血行不良を招く原因の一つです。体に歪みがあると、脂肪燃焼効果も減少し、どんなに頑張って運動をしてもその効果は半減してしまいます。
骨盤が歪んでしまう原因の多くは生活環境や日常での何気ないクセにあります。
肩肘をついたり、極端に片方の体だけを使ったり、姿勢が悪いと、骨盤は簡単に歪みます。

画像: 歪みをつくらないこと

セルライトをつくらない食事

下半身は上半身よりも脂質がつきやすいので、食べる物には注意が必要です。
むくみによって下半身が太くなってしまう方は、カリウムを積極的に摂取するのがおすすめです。逆に、糖をたっぷりと含んだお菓子、過剰なアルコール摂取などはセルライトを作り出す原因です。カフェイン、タバコ、便秘などもセルライトが作られる原因となっています。脚やお尻など、セルライトがつきやすい場所に、出来にくくするためには、海草などの不要な水分を排泄する働きをするカリウムを多く含んだ食材を摂ることがおすすめですよ。

画像: セルライトをつくらない食事

おわりに

体の健康を維持しながら、ダイエットをするには、免疫機能とホルモン機能が正常に働くことが重要です。この2つの機能は、体温と密接な関わりがあります。
体温が1℃下がると免疫力は3割低下し、逆に体温が1℃上がると免疫力は5~6割もUPします。
血行不良が起こると、酸素や栄養が体の隅々まで行き届かなくなり、代謝は低下し、太りやすく痩せにくい体を作ります。下半身痩せ、美脚を手に入れるためには、体温を上げること、または下げないことも重要です。
毎日のちょっとした習慣で、健康的でスリムな美脚を手に入れましょう!

画像: おわりに

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.