善玉菌を増やす乳酸菌は「ヨーグルト」だけ?

乳酸菌!といえば、ヨーグルトを思い浮かべがちですが、実はそんなことはないのです。
乳酸菌=ヨーグルトといった図式が成り立ったことには、ヨーグルトに食べやすさ、手軽さなどにあります。しかし、あんな食品やこんな食品にも乳酸菌はたっぷりと含まれているのです。乳酸菌が含まれる食品を率先して食べて、内側からキレイを整えましょう!

画像: 善玉菌を増やす乳酸菌は「ヨーグルト」だけ?

要チェック!乳酸菌が含まれる食べ物いろいろ

① ナチュラルチーズ

わたしたちの生活に身近なチーズには、「ナチュラルチーズ」や「プロセスチーズ」などですが、生きた乳酸菌が含まれているのは「ナチュラルチーズ」なのです。
ナチュラルチーズの定義は、乳に乳酸菌や凝乳酵素を加えて固めたものなので、乳酸菌を意識して選ぶならナチュラルチーズがおすすめ!

画像: ① ナチュラルチーズ

② 発酵バター

生クリームやバターを乳酸菌によって発酵させてから作るバターのことを発酵バターと言います。実は、一般的なバターは発酵しないのですが、メーカーによっては発酵バターにこだわって販売しているところもあります。
バターはカロリーや脂質に目が行きがちですが、発酵バターには乳酸菌が豊富なのです!

画像: ② 発酵バター

③ 漬け物

漬け物の中でも、糠漬け・醤油漬け・塩漬け・味噌漬けなど。
しっかりと発酵させて出来た漬け物には、乳酸菌がたっぷり含まれています。
というのも、漬け物は素材にもとから付着している乳酸菌が、糖分をエサにして乳酸を作りだして発酵するからなのです!

画像: ③ 漬け物

④ 味噌や醤油

味噌や醤油が含むものには、原料である大豆がポイントです。
これらは、大豆に麹や塩を混ぜ、乳酸菌による発酵によって作られます。
ただ、気を付けてほしいのは、一般的に販売されているものには、殺菌などで乳酸菌が死滅している場合もあります。生きたままの乳酸菌にこだわっている販売元もありますので、探してみてはいかがでしょうか?

画像: ④ 味噌や醤油

おわりに

ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は、一気に吸収するのではなく、一定の量を継続して腸内に補充することが最も大切です。今日だけ!ではなく、今日も、明日も、毎日善玉菌を意識した食生活が重要です。
腸内で悪玉菌が優位になってしまうと、様々な弊害が体に現れます。乱れた腸内環境が恐ろしいのは、その弊害が体の内側ではなく外側に明確に出ることです。
自分だけでなく、人の目から見てもわかる弊害が出ることは、女性にとっては最も避けたいことですよね。
健やかな毎日を過ごすためにも、悪玉菌の弊害によって余計なストレスを増やさないためにも、善玉菌を積極的に取り入れるよう意識して腸内環境を整えましょう。

画像: おわりに

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.