ダイエットに向き不向きの食材がある!

ダイエットの基本はバランスの良い食生活ですよね。ダイエット中のメニューは、ダイエットの手助けになる食材を優先して選びます。
海藻や大豆、発酵食品などがダイエットに向いているように、ダイエットに向いていない食材もあります。ダイエットレシピを考えるの前に、ダイエットに不向きな食材をチェックしましょう!

画像: ダイエットに向き不向きの食材がある!

① パスタやパンなどの小麦食品

パンやパスタなどの小麦粉を使った食品は、お腹にたまらない割にカロリーが高いのが特徴です。とくに怖いのが、フランスパンや食パンです。もしも、ダイエット中でもパンやパスタなどが食べたい場合は、全粒粉のものを選びましょう。

画像: ① パスタやパンなどの小麦食品

② じゃがいも・かぼちゃなどの高GI値な野菜

じゃがいもやかぼちゃが高GI値食品の代表格です。
これらはでんぷん質が多いので、一気にたくさん食べると血糖値が上昇してしまうので、食べ過ぎない程度に摂取してください。
満腹感が強いのでダイエットのときは活用しがちですが、これらをメインに食べるときはご飯は抜いたほうが良いかもしれません。

画像: ② じゃがいも・かぼちゃなどの高GI値な野菜

③ 清涼飲料などスポーツドリンク

清涼飲料水やスポーツドリンクは爽やかで透き通った色のものが多く、一見カロリーが高そうに見えませんが、これらは大量の砂糖が使われています。
特にコーラ、サイダー、缶コーヒーには、大量の砂糖が使われています。
ダイエット中にどうしてもジュースが飲みたい!という時は、意外ですが、100%の果汁ジュースのの方がおすすめです!

画像: ③ 清涼飲料などスポーツドリンク

おわりに

ダイエット中、基本の3食以外にどうしても空腹感が強い時には、野菜類や海藻類を使った間食をしましょう。おすすめは、酢昆布・寒天ゼリー・こんにゃくゼリーなどです。
そして、食事の内容だけでなく、食事の時間も重要です。できるだけ毎日の食事時間のずれをなくしましょう。
私たちの想像以上に体は優秀です。胃は空にになった時間から、次の食事の時間まではこのくらいかなぁ?と推測して消化液を準備しています。消化液の準備が出来ると私たちは空腹感を感じます。このタ イミングで食事を食べられないと、胃は消化液を準備することを怠ります。消化液の準備がされていないのに、体内に食事が入ってしまうと、消化に時間がかかり、次の消化液が出るまでの時間もずれます。
ですから、食事の内容も大切ですが、食べる時間を規則的にすることも必要なのです。
太りやすい食べ物を避けて、正しい食習慣を身につけましょう!

画像: おわりに

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.