体温は正常値ですか?

近年、無自覚の「冷え性」や「低体温」の女性が増えているようです。
低体温とは平熱が35℃台のことを指します。低体温の人は、一般的な体温を維持している人よりも風邪をひきやすい、手先や足先が冷えています。ほかにも、疲れやすかったり、生理痛が重かったり生理不順だったりといった症状が出ている人もいます。
昔から「冷えは万病の元」とも言われているように、平熱が低体温の場合、体に不調が現れやすくなります。

画像: 体温は正常値ですか?

冷えは女性の敵です

だいたい、1日の中で体温は1℃ほどは前後しますが、日本人の平均体温は36.6℃です。この程度から37℃くらいまでが、最も体内酵素が活発に働くと考えられています。
低体温人口は、昔に比べて確実に増えてきており、もはや「生活習慣病」の一つと言っても過言ではありません。体温は体の免疫に関わる大切な要素で、体温が1℃下がるだけで免疫力は30~40%程度低下するとも言われているのです。
体温が低い人、冷え性の人は、そうじゃない人と比べて、太りやすくむくみやすい、しみ・シワができやすいなど、美容面での影響も大きいのが特徴です。

画像: 冷えは女性の敵です

低体温の原因は生活習慣に

低体温の原因は、主に生活習慣にあります。
まず、考えられる理由に運動量の低下にあります。昔に比べて、交通の便なども発達したことに伴い、ジムなどに通わない限り筋肉がつく運動をしなくなりました。すると、当然筋肉量も減ってきています。実際に低体温の人が多い理由に、筋力の低下が多く挙げられます。
また、シャワーだけで済ます生活も低体温の原因の一つです。
温かいお風呂にゆっくり浸かり、体を芯から温めることは、体だけでなく、副交感神経が高まり心もリラックスします。
ほかにも、食事の回数や不規則な食生活の乱れも低体温の原因となります。
体を温める作用のある食品や血行を良くする作用のある食材を選んで、バランス良く摂取することが大切です。

画像: 低体温の原因は生活習慣に

低体温を防ぐには?

① 体を温めるものを食べる

野菜であれば、ねぎ、しょうが、にんにく、ごぼう、にんじん。飲み物であれば、紅茶、赤ワインなどが体を温める食べ物となっています。
逆に、生野菜やフルーツ、冷たい飲み物などは、内臓を冷やすので、注意が必要です。

② 過度なストレスを溜め込まない

体温調整には自律神経とホルモンバランスが大きく関わっています。
これらのバランスを崩す大きな原因はストレスにあります。
強いストレスを受けると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、血流が悪くなったり体内酵素が活発に働かなくなるなどして、結果、低体温化に繋がります。

③ 体を冷やさない工夫

まずは、シャワーだけで済ませずに、温かいお風呂にゆっくり浸かること。そして、体を外側と内側から温めることが大切です。
また。体を冷やすものに、白砂糖、コーヒー、砂糖がたくさん入ったジュースなどもあります。飲み物や食べ物で、それらを習慣のように摂っている場合は気を付けましょう。

画像: ③ 体を冷やさない工夫

おわりに

低体温、冷え性は健康だけでなくダイエットの敵です。つまり、常に美しい体型を維持したい女性には絶対に避けなくてはいけないことなのです。
運動や食事は体質改善の基本ですので、意識して変える必要があります。
ダイエットのその前に、まずは、自分の体温を測ってみてはいかがでしょう?
体温が低かった場合は、ダイエットよりも体温向上の方が先かも!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.