スマホやパソコンを長時間使って目がしょぼしょぼ…。ブルーライトによる目のダメージを安易に考えていませんでしたか?

ある日、私を襲った悲劇!

それは1年前…。
ライターという職業柄、日ごろから、パソコンを使う時間が長い私。
特に当時は、あるスマホゲームにハマっていたこともあり、帰宅後も寝る間際までスマホを手にしていました。

画像1: ある日、私を襲った悲劇!

1日の大半を画面と睨めっこする生活の中、『目が疲れている』という感覚を自覚してはいたものの、所詮は『目の疲れ』とタカを括って、深刻に考えてはいなかった私に、悲劇は訪れたのです。

その日、自宅のソファでくつろぎながら、スマホをいじっていた私は、突然のめまいと吐き気に襲われ、立つことも困難な状態に…。
どうにか翌朝には、立てるようにはなったものの、視界がかすんで、まるで一気に目が悪くなったような感じは、その後も続きました。

画像2: ある日、私を襲った悲劇!

「重病だったらどうしよう…」

そう思った私は、ついに病院に行くことに。
診断結果は『眼精疲労』とのことでした。

見逃さないで!目のSOS!

スマホやパソコンの長時間による使用が、主な原因といわれる眼精疲労。

特に画面から発せられる『ブルーライト』は、光の波長が短く大きなエネルギーを持つ光で、長時間浴びることで、目の疲れや痛み、さらには肩こり、眩暈、頭痛、吐き気といった体への影響をも及ぼすと言われています。

画像: 見逃さないで!目のSOS!

今や、スマホやパソコンなどのLEDディスプレイのほか、LED照明にも含まれており、日常生活にありふれたものとなっているブルーライト。

この光に晒される目は、知らない間にダメージを受け続けているのです。
今まで自覚はしていたけれど、安易に考えていた、

・目がショボショボする
・目の奥が痛くなる
・視界がぼやける
・景色や色があざやかに見えない
・まぶたがピクピク痙攣する

…等、これらの目の違和感は、まさに目が無言で発するSOSなのです。

目は大切に!ブルーライトにはルテイン

「では、どうしたらいいの?」

ブルーライト対策に効果的とされるのが、
・PC眼鏡や画面シートのブルーライト対策グッズ
・長時間のパソコンやスマホの使用は1時間に1度は目を休ませる

…等の未然予防のほかに、にんじんやほうれん草などの緑黄色野菜に含まれている『ルテイン』という成分。

画像: 目は大切に!ブルーライトにはルテイン

一般的に目に良い成分と言われると、ブルーベリー(アントシアニン)が知られていますが、ブルーライトによる目のダメージには、目の水晶体や黄班部にも存在し、目を守る働きをしているルテインがオススメ

さらに、ブルーライトの光を吸収・遮断する役割も担っているという、ブルーライト対策のプロフェッショナルなのです。

しかし問題も…。ルテインが足りない!!?

しかしこのルテイン、体内で新たに作り出すことができない成分のため、加齢やブルーライト、紫外線によりどんどん減少していってしまうのだそう。

「それなら緑黄色野菜を積極的に食べて摂取すれば良い!」

…と言いたいところですが、十分な量のルテインを摂るには、ほうれん草だと4株以上、にんじんだと10本以上が必要なんだとか。

画像1: しかし問題も…。ルテインが足りない!!?

そこでおススメなのが、サプリメントで効率的にルテインを摂る方法。

ネットの声▼

画像2: しかし問題も…。ルテインが足りない!!?
画像3: しかし問題も…。ルテインが足りない!!?

上記で紹介されているのは、『めばえ』というサプリメント。

画像4: しかし問題も…。ルテインが足りない!!?

ルテインの1日の目安量とされる20mgを1粒で簡単に摂ることができるこのサプリは、安全性と機能性において消費者庁の認可を取った『機能性表示食品』というところも人気の理由なんだとか。

画像5: しかし問題も…。ルテインが足りない!!?

万年目の疲れに悩まされている私も、実際に飲んでみたところ、ズシッとした目の重みが消えて、視界が明るくなった気がしました。

1日あたりたったの55円で、目の違和感がなくなるなら、安いもの!
目の不調やブルーライトが気になる方は、一度お試しあれ!!

PR
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.