浴びた紫外線がシミになるメカニズム

そもそも、女性が敵視している「メラニン」はチロシンというアミノ酸から生成されています。このチロシンは、チロシナーゼという酸化酵素によって変化し、シミやくすみの原因となるメラニンへと変化していくのです。本来産生されたメラニンは、表皮のターンオーバーによって古い角質とともに排出されます。しかし、長い時間紫外線を浴びると、過剰にメラニンが作り出され、この作り出されたメラニン色素はターンオーバーでは排出しきれずに残ってしまうのです。これが、紫外線からシミになるメカニズムです。
もちろん、紫外線を浴びた後のアフターケアによっては、シミになる確率や速度は変わります。今回は、数%でもシミになる確率を下げる方法をご紹介します!

画像: 浴びた紫外線がシミになるメカニズム

① 睡眠をたっぷりとる

睡眠不足は皮膚のターンオーバーを妨げる大きな原因の一つです。
実は、睡眠不足は乾燥と同じくらいお肌にダメージを与えてしまうと言われているのです。夜更かしは確実に肌を荒らす原因となります。
ターンオーバーはゴールデンタイムとも呼ばれる22時から2時の4時間に活発となるとされていますので、この時間帯に睡眠がとれると良いでしょう。

画像: ① 睡眠をたっぷりとる

② ホルモンバランスを整える

女性ホルモンの分泌量は体に様々な影響を与えています。
分泌量が減少したり、バランスが乱れると、精神的に不安定になったり睡眠不足になる人もいます。当然、お肌にも大きな変化があります。ホルモンバランスが乱れるとお肌の新陳代謝が悪くなり、くすみ、シミ、乾燥などのトラブルを起こしやすくなるのです。
過剰なストレス、睡眠不足、乱れた食生活は女性ホルモンのバランスを乱すきっかけになりやすいので、ご注意を!

画像: ② ホルモンバランスを整える

③ 間違ったダイエットをしない

間違ったダイエットとは、食事の量を極端に減らしたり、カロリーや糖質が高いからといって必用な栄養素を抜いたりといったダイエットのことをさします。
偏った食生活や、無理な食事制限は、かえってお肌を荒れさせたり、便秘を促したり、ホルモンバランスを乱す可能性があります。

画像: ③ 間違ったダイエットをしない

おわりに

シミが出来る確率を下げるには、正常なターンオーバーが非常に重要です。
新しい表皮細胞は血液からの栄養で新しい細胞をつくり出していますので、皮膚のターンオーバーを乱さないためには ①十分な栄養、②流れの良い血液、③十分な睡眠、が欠かせません。栄養はビタミンやミネラルだけでなく、たんぱく質不足にならないようにすることも必要です。そして、その大事な栄養を運ぶのは血液ですので、血行不良を呼ぶ冷えやむくみにも注意です。加えて、しっかりと睡眠をとって、シミが出来る確率をぐんと下げましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.