美白は体の内側から促す!

白く美しいお肌を目指すなら、毎日のスキンケアはもちろんですが体の内側からも促す必要があります。体の内側というのは具体的には口から体の中に入れる物。つまり、毎日の食事です。美白と食べ物の関係性が非常に深いものがあることも科学的にわかっています。

画像: 美白は体の内側から促す!

美白を妨げるシミ・くすみ

ご存知の方も多いでしょうが、そもそもシミやくすみの原因は紫外線にあるとされています。私たちの肌は紫外線にあたると皮膚の色素を生成するメラノサイトが刺激されます。この刺激によって「チロシナーゼ」という酵素が活性化し、黒色のメラニン色素が増えて肌が日焼けし、結果シミやくすみが生まれてしまうのです。

画像: 美白を妨げるシミ・くすみ

日焼けしにくい肌をつくることが美白を助ける!

美白を促すためには、シミやくすみを生まないようにすること。つまり、日焼けしにくいお肌を作ることがメラニン色素の生成を抑制することに繋がるのです。
メラニン色素の生成を抑制するには、「エラグ酸」、または「コウジ酸」などが入った食べ物を摂ることがおすすめです!
エラグ酸が入った食べ物には、イチゴ、クルミ、クコの実などがあります。
また、コウジ酸が入った食べ物には、味噌、醤油、みりんなどがあります。

画像: 日焼けしにくい肌をつくることが美白を助ける!

日焼けからシミやくすみを防ぐには?

お肌がたっぷりと日焼けしてしまっても、すぐにシミやくすみになるわけではありません。
アミノ酸の一種でもあるL-システインをしっかりと摂取出来ていれば、黒色のメラニン色素になりにくいことがわかっています。
L-システインが入った食べ物には、牛肉、牛乳、鮭、はちみつなどがあります。

画像: 日焼けからシミやくすみを防ぐには?

黒色メラニンの皮膚沈着を防ぐ!

たっぷりと紫外線を浴びてしまったら、L-システインをしっかりと摂取するだけでなく、ビタミンE、ビタミンB2を摂取すると、黒色のメラニンが皮膚に沈着するのを防ぐことが出来るそうです。ビタミンEの摂取はナッツ類などが手軽に摂れておすすめです。ビタミンB2の摂取には豚肉や納豆などがおすすめです。

画像: 黒色メラニンの皮膚沈着を防ぐ!

おわりに

美白を目指すには、紫外線を防ぐことと同時に、浴びた紫外線をケアすることが大切です。浴びた紫外線をケアするには、まずはお肌の新陳代謝を活発にしてあげることが必要です。新陳代謝を活発にすると、肌のターンオーバーが促され、メラニンはターンオーバーのときに剥がれていきます。美白を目指すなら、正常なターンオーバーが欠かせないのです。
外側と内側を同時にケアして、白肌美人になりましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.