光による肌老化=光老化(こうろうか)

光(紫外線)によるお肌の老化を「光老化」と呼びます。
これは紫外線による害の一つで、光老化の原因は主にUV-Aだといわれています。
UV-Aは、お肌の真皮の奥深いところまで届き、お肌の弾力や潤いを維持するためのコラーゲンやエラスチンを変質させます。その結果、お肌の弾力や潤いを奪うのです。
基本的に、表皮は年齢とともに薄くなるのですが、光老化によってお肌が老化していると表皮を厚くさせます。これにより、お肌に深いシワが出来たり、ごわついたり、シミやそばかすが出来てしまうのです。

画像: 光による肌老化=光老化(こうろうか)

光の種類

地上に届く太陽の光には、「可視光線」「赤外線」「紫外線」の3種類あります。
この3種類の中で肌にとっては最大の敵は「紫外線」です。
紫外線はこの3種類の中でもエネルギーが非常に強く、当てたものへの化学変化を起こしやすいのです。紫外線の中でも、UVBはお肌の表皮に、UVAは表皮のさらに下の真皮層にまで届いてしまいます。

画像: 光の種類

肌ダメージを記憶するUVA

紫外線UVAが地上まで届く量は、UVBのおよそ20倍とも言われています。
つまり、UVBよりもUVAの方がお肌にとって恐ろしい存在だといえるでしょう。
UVAはお肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンを変性させ、お肌をぼろぼろにしてしまいます。
しかし、UVAに即効性はありません。光が当たってもすぐにシワやしみになるわけではないのです。それなら安心!とは、残念ながらいきません。UVAは光によるダメージを蓄積させ、少しずつコラーゲンやエラスチンを変性させていき、年数をかけて肌が持つ機能を低下させるのです。

画像: 肌ダメージを記憶するUVA

UVBも油断出来ない!

日光浴などをして、すぐに肌が日焼けするのはUVBが原因だといわれています。
私たちがよく言う「日焼けした」というのはUVBによって、肌細胞が傷つけられて、赤く炎症を起こした状態のことをいいます。また、この症状を「サンバーン」とも言います。
そして、このUVAによる日焼けによって、メラニンが酸化し、肌が黒くなる状態を「サンタン」と言います。これらによって、肌表面が傷つけられて乾燥し、シワやシミの原因となるのです。

画像: UVBも油断出来ない!

おわりに

紫外線のUVBやUVAによる光老化を予防する最大の方法は「日焼け止め」を使用することにあります。
「それだけでいいの?」と拍子抜けでしょうが、これを毎日1年中通して使用することが絶対条件になります。
使用する日焼け止めは単純に高価なものでなく、自分の肌に合った物を選びましょう。
また、日焼け止めはSPF値の高さではなく、UVAをカットするPAの効果が書かれているものを重視して選ぶことをおすすめします。PA+の「+」の数が増えるほど効果が高くなります。ちなみに、日常生活程度の紫外線対策ならPA++程、長時間の外出などの紫外線対策ならPA+++以上が好ましいでしょう。
とくに日差しが強い時期は、頭皮と瞳も一緒に紫外線から守ることも忘れずに!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.