日焼け止めによる紫外線の防ぎ方

日差しの強い季節になると、日々のUVケアは欠かせません。その中でも、「日焼け止め」は絶対に欠かせないUVケアの一つではないでしょうか。
そんな日焼け止めの役割はもちろん、紫外線を防ぐことにありますが、この紫外線の防ぎ方に2つの種類があるのをご存知ですか?

画像: 日焼け止めによる紫外線の防ぎ方

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

市販の多くの日焼け止めには、紫外線を防ぐために「紫外線吸収剤」、または「紫外線散乱剤」という成分が入っています。2つとも紫外線を防ぐための成分なのですが、紫外線への対応の仕方が違います。

画像: 紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

紫外線吸収剤のはたらき

まず、紫外線吸収剤は、紫外線を吸収し、そのエネルギーを熱に変えて外に放出します。もっと具体的にいうと、一度皮膚の表面で紫外線を吸収した後、この紫外線を化学的にエネルギーに変えて皮膚の外に放出するのです。これにより、紫外線が肌内部に侵入するのを防いでいます。紫外線吸収剤は比較的紫外線への防御力が高いのが特徴で、無色透明なので白浮きすることなく、塗り心地、使い心地ともに良いのが特徴です。
デメリットとしては、紫外線吸収剤は紫外線への防御力が高い分、肌への負担も大きく、人によっては肌へ刺激を感じることもあります。また、化学変化が起こるにつれ、紫外線を防ぐ力が弱くなるのでこまめに塗り直す必要があります。

画像: 紫外線吸収剤のはたらき

紫外線散乱剤のはたらき

一方、紫外線散乱剤は紫外線吸収剤のはたらきと真逆です。
紫外線散乱剤は、肌表面で紫外線を跳ね返し、紫外線が肌に当たるのを防ぎます。
特徴としては、紫外線吸収剤よりも肌への負担が少ないことです。紫外線散乱剤の多くはノンケミカルと表示され、化学変化を起こさないので、肌に優しいのも特徴です。
デメリットとしては、使用感の悪さにあります。紫外線吸収剤と違い、白浮きしやすかったり、ベタベタしたりなど。最近では、白浮き、ベタつきなどの使用感の悪さを改善したものも販売されているようです。

画像: 紫外線散乱剤のはたらき

おわりに

紫外線吸収剤も紫外線散乱剤にもそれぞれの良さがありますので、一概にどちらが良いとは言い切れません。日焼け止めを選ぶ際はそれぞれのメリットとデメリットをみて、自分の肌に合うものを選ぶのがおすすめです。
一般的には、しっかりと紫外線を防止したい場合は紫外線吸収剤配合のものを選ぶ、肌への負担を和らげたい場合は紫外線散乱剤配合のものを選ぶと良いとされています。
ほかにも、吸収剤と散乱剤の両方を組み合わせている日焼け止めもあります。
どちらがいいということはなく、成分をしっかりと確認し、使用する場所や時間、肌状態をみて、自分の肌に合ったものを選ぶことが最も大切です。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.