紫外線対策は1年中必要

しみやそばかすの大きな原因となる「メラニン」は、紫外線からつくられます。
それだけでなく、肌のシワや乾燥も、紫外線が原因の一つとされています。これらの弊害からお肌を守るためにUV対策は欠かすことが出来ません。
紫外線は季節によっても肌に影響があらわれるまでに時間がかかるので、ケアの仕方が微妙に違います。比較的紫外線量が少ないとされる秋~冬は、肌への負担が少ない日焼け止めクリームでも対策が可能です。一方、春や夏にかけては、紫外線量が増える時期ですので、十分なケアが大切です。
ここで、四季によるUVケア方法をもう少し詳しくご紹介します。

画像: 紫外線対策は1年中必要

春のUV対策

夏に比べて春の日ざしは弱いように感じるかもしれませんが、だいたい4月頃から紫外線量が増え始めるとされています。紫外線の弱い冬が終わり、紫外線の影響を受けやすい季節の始まりが春ですので、2~3日日焼け止めを塗り忘れてしまうと、紫外線を浴びてしまった…ということも、十分にありえます。
また、春は季節の変わり目であり、乾燥や人によっては花粉などのアレルギー症状で肌が敏感になりやすい時期ですので、優しいスキンケアを心がけるようにしましょう。

画像: 春のUV対策

夏のUV対策

この時期は最も徹底した紫外線対策をしなければなりません。
温度も高く、汗をかきやすいので、人によってはウォータープルーフタイプのものを選ぶことをおすすめします。また、事前に日焼けしそうなことがわかっているときは、前日に前もって美白ケアをしておくと紫外線の影響を弱めることが出来ます。中でも、ビタミンCなどの抗酸化作用のあるサプリメントなどを日やけ前後に摂取するのも良いでしょう。

画像: 夏のUV対策

秋のUV対策

秋は夏の紫外線をたっぷりと受けて、お肌が疲れています。さらに湿度が低下し始める時期でもあるので、肌のターンオーバーが乱れがちです。ターンオーバーが正常に行われていないと、メラニンを含む角層が溜まってしまいますので、こういった乾燥を防ぐためにもしっかりと保湿をすることが重要です。また、まだまだ紫外線が強い日も多いので、長時間の外出時には、夏と同じようにしっかりとUVケアを行いましょう!

画像: 秋のUV対策

冬のUV対策

冬は湿度が低いので、この時期は乾燥対策が非常に大切です。
他の季節と比べて紫外線が弱まる季節ですが、油断はできません!
十分に保湿をして、お肌に潤いを与えるとともに、紫外線に効く美容液を使うことで、紫外線の量が増え始める春に備えておくと万全です。
また、雪が降る場所では紫外線の反射率が非常に高いので、雪の場所での紫外線対策も忘れないようにしましょう!

画像: 冬のUV対策

おわりに

紫外線が最も多く降り注ぐのは10時から14時の間とされています。
この時間帯に、1日の約60%もの紫外線が降り注ぐそうです。つまり、この時間は出来るだけ外出しないようにするなど、最も注意しなくてはいけません。
また、天候も、晴れの日だけでなく、曇りの日も要注意!曇りの日でも、晴れの日の70%近い紫外線が降り注いでいるとか…。
UV対策に重要なことは、季節や時間、天候を問わず、その日その日に適切なUV対策を行うことです!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.