日焼け止めを塗る前に…

UVケアは1年中必要ですが、紫外線が最も強くなる季節になると、いつもより入念なケアが必要になります。美白に憧れる女性ならば、毎日の日焼け止めはもはや習慣になっていますよね。毎日の習慣になっている日焼け止めですが、一番入念にケアしているのは、やはり「顔」ではないでしょうか?

顔に日焼け止めを塗る際、適切な順序でベースメイクを行うことで、よりヨレにくく、美しく仕上げることができるのです。

順番としては、①日焼け止め ②化粧下地③ファンデーション④フェイスパウダー、となります。他にも、日焼け止めの効果を100%発揮するには様々な方法があります。
今回はその方法を3つご紹介します。

画像: 日焼け止めを塗る前に…

ポイント① 毎日使用すること

当然のことですが、紫外線は季節によって量は変動するものの基本的に一年中降り注いでいます。お肌に蓄積されてしまった紫外線は、将来的にシミやそばかすなどの大きな原因になるだけでなく、お肌のハリを低下させ、たるみを生む可能性を高めます。
白くてハリのある若々しいお肌を保つためには、1年中毎日使用することをおすすめします。

画像: ポイント① 毎日使用すること

ポイント② ムラなく全体に伸ばす

日焼け止めは、ムラなく全体によく伸ばすことで、日焼けによるシミやそばかすを徹底的に守ることができます。
日焼け止めをムラなく全体に伸ばすには、塗る前のスキンケアが大切です。化粧水でたっぷりとお肌を保湿し、日焼け止めの液の馴染みをよくすることがポイントです。
お肌がしっかりとうるおうことで、肌の上で日焼け止めをスムーズに伸ばすことが出来るのです。

画像: ポイント② ムラなく全体に伸ばす

ポイント③ たっぷり&しっかり塗る

日焼け止めを塗るとき、薄く伸ばしてしまいがちなのですが、日焼け止めは紫外線からお肌を守るために必要な量があります。個人差はありますが、顔全体だと約0.8g(500円玉程度)が日焼け止めの適量となっています。
日焼け止めも化粧水と同じでケチってはいけません。たっぷりとしっかり塗ること、使用量が少ないとムラが出来る原因にもなりますので、必ず適量を顔全体に塗りましょう!

画像: ポイント③ たっぷり&しっかり塗る

おわりに

せっかく紫外線をブロックするために有効な日焼け止めも、使い方を間違ったり、もったいない使い方をしてしまうと、その効果は半減してしまいます。
上記の3つのポイントのほかにも、こまめに塗り直すことも重要です。よほど強力な日焼け止めでない限り、汗や皮脂で成分は流れ落ちてしまいます。商品にもよりますが、2~3時間毎に塗り直すことが必要です。
日焼け止めの効果を100%発揮して、強い紫外線を徹底ブロック!!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.