美髪を目指す全ての女性へ

美しい肌と同じように、美しい髪の毛に憧れる女性が大半ではないでしょうか。
女性は紫外線から肌を守るためにさまざまな予防策をしていますが、髪の毛はどうですか?当然ですが、紫外線は顔や手足などの素肌と同じように頭皮にも降り注ぎます。
頭皮は太陽に最も近いので、一番紫外線を浴びやすい部分でもあります。
なのにもかかわらず、顔や手足などに比べて、髪の毛や頭皮は紫外線対策の意識が薄いとは思いませんか?

髪の毛はお肌と違い修復能力が低いので、一度紫外線によるダメージを受けてしまうと回復が難しいといわれています。だからこそ、美髪を目指すのならば髪の毛を紫外線から守るケアが必要不可欠なのです。

画像: 美髪を目指す全ての女性へ

紫外線によって髪の毛がボロボロになるワケ

そもそも、髪の毛の角質層を形成する成分は「ケラチン」ですが、このケラチンは、18種のアミノ酸でつくられたタンパク質の総称です。ケラチンは水分に富んだ弾力性のある成分であり、このケラチンは「シスチン」という成分を18%程度含んでいます。

しかし、紫外線を長時間浴びるとシスチンとの結合が切断されます。シスチンとケラチンの結合が切断されると、キューティクルがはがれ、髪の毛は傷み、髪の毛のメラニン色素も変異してしまいます。その結果、髪の毛の様々なダメージを引き起こしてしまうのです。与えてしまうのです。

画像: 紫外線によって髪の毛がボロボロになるワケ

紫外線による髪の毛への弊害

上記によるダメージにより起こる弊害が、枝毛・切れ毛。ほかにも、髪の毛のツヤやハリ、コシがなくなったり、髪の毛がごわごわしたりします。
また、キューティクルがはがれると、髪の毛は乾燥しやすくなりますので、髪の毛はぱさつき、かゆみやフケなどの原因ともなります。
ほかにも、抜け毛や薄毛、色素が抜け白髪になる可能性も否めません。

画像: 紫外線による髪の毛への弊害

髪の毛を紫外線から守るには

髪の毛を紫外線から守るためには、徹底的な紫外線ケアが必要です。
日差しの強い日の外出時は、頭皮を守るために帽子は欠かせませんし、女性であれば日傘は紫外線対策に非常に有効です。色は紫外線を遮断するのに適している黒がおすすめです。
また、最近では紫外線防止に効果のあるヘアケア用品が数多く販売されています。毛髪や頭皮の日焼けを防ぐための紫外線カット効果のあるスプレーなども良いでしょう。

画像: 髪の毛を紫外線から守るには

おわりに

紫外線は年間を通して降り注いでいますが、中でも紫外線量が最も強くなる時期と言えば、5月~9月の初夏から夏の終わりにかけてと言われています。
ですから、特にこの時期は紫外線対策を集中的に行う必要があるということです。

お肌の紫外線対策は当然ですが、怠りがちな髪の毛への紫外線対策も忘れてはいけません。
髪の毛は紫外線の影響を受けやすく、お肌よりも修復しにくい部分でるということを忘れず、しっかりと紫外線対策を行いましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.