しじみはスーパーフードの一つ

画像: しじみはスーパーフードの一つ
みなさんご存知の方もいると思いますが、しじみはスーパーフードの一つとも呼ばれている食材です。昔から、しじみと言えば二日酔いに効く!なんてよく言われていますね。

お酒を飲む機会が多い方は、しじみのオルニチンという成分が肝機能のサポートを行ってくれるので、積極的に摂取してほしいところでもあります。
しかし、しじみはそう簡単に毎日取り入れられるものではないのです。しじみの味噌汁と言っても、2杯以上飲んでしまえば塩分過多に陥ります。ですから、うまく摂取する必要があるでしょう。

しじみの効能とは

画像: しじみの効能とは

・オルニチンで二日酔い対策

二日酔いの元になっている「アセトアルデヒド」の分解をサポートしてくれる効果があるそうです。お酒を飲んだ次の日や飲みながら摂取するとより効果を感じられるでしょう。

・肝臓のダメージ軽減

肝臓はデトックス作用があり、体の解毒や代謝を行っている臓器。しじみの有効成分を取り入れて、肝機能を向上させましょう。

・血中コレステロールを調整

コレステロールの濃度を調整する役割も担ってくれます。暴飲暴食気味だと、肝臓のコレステロール調整が追いつかずに、コレステロール値が高くなります。しかし、しじみを摂取することで、高くなってしまったコレステロール値を下げる効果も期待できるでしょう。

効率よく摂取するための食べ方

画像: 効率よく摂取するための食べ方

1.汁物

しじみの味噌汁やしじみのすまし汁などまずは、汁物にすることが1番良いとされています。しじみから出るエキスを逃さずに摂取できるというところが、汁物のメリットのようです。

2.冷凍保存しておく

冷凍しても、同じ効果が期待できます。しかも冷凍しておくことで、グルタミン酸が増えるというから驚きです。旨味が増えて、美味しさも抜群になるそうですよ。ぜひ冷凍してみてくださいね。

3.しじみと一緒に食べると良い食材

梅干しは、ピクリン酸という栄養素が入っており肝臓の働きを補助します。しじみと一緒に摂ることで、よりその効果を上げてくれます。要は、肝臓を早く修復させるようなイメージになります。

手っ取り早くサプリで摂取

画像: 手っ取り早くサプリで摂取
もう繰り返したくない!付き合いが多いため、今日も肝臓が休めない!今日の疲れが取れず、寝起きもつらい…!そんな方々には、サプリでも取得できるので、ぜひ毎日飲んでみてはいかがでしょうか。

この「しじみん」というサプリですが意外と効くらしいです。
しじみの成分ってオルニチンだけと思っていたのですが、これにはカルサイトという貝殻の部分に含まれる成分も入っているそう。カルサイトには、高純度カルシウムの含有量が牛乳の約4倍あるため、骨粗しょう症やイライラ解消にも役立つようですね。40代~50代くらいの方がほぼリピーターだそうですので、ぜひ試してみましょう。

もっと詳しく知りたい方は…▼

Sponsored by はつらつ堂
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.