不眠症かもしれない…

最近しっかりと眠れていない、睡眠時間は確保できているのに疲れが取れない、このように感じたら、睡眠障害の可能性が有ります。ちなみに、代表的な不眠の症状には、以下の4つが挙げられます。

① 入眠障害

寝つきが悪く、30分~1時間経っても眠りにつけない

② 中途覚醒

眠っても途中で目が覚めて、なかなか寝付くことが出来ない

③ 早期覚醒

早く寝たわけでもないないのに、朝早く目が覚める

④ 熟眠感欠如

しっかりと眠れた気がしない

睡眠障害はこれら4つの症状を一つずつ感じたり、またはそれぞれが組み合わさって感じることもあります。では、次に睡眠障害の原因をご紹介します。

画像: ④ 熟眠感欠如

睡眠障害の主な4つの原因

睡眠障害の原因は個人差が大きく、原因によっては生活を見直すだけでも改善される場合もありますが、専門的な治療が必要になる場合もあります。
いずれにせよ、原因によって対処法が変わってきますので、睡眠障害を感じたらまずはその原因を明確にしましょう。

画像: 睡眠障害の主な4つの原因

① 心理的な原因

心理的な原因とは、仕事や家でのストレスや悩みごとを上手く解消することが出来ず、睡眠に影響が出てしまうほど心が負担を感じているのです。
眠れなくなった前後の出来事を詳しく思い出してみてください。何か辛いことや不安に思うことはありませんでしたか?その原因を取り除き、心の負担を軽くさせてあげることが必要です。

② 身体的な原因

身体的な原因とは、身体の何らかの病気や症状によって起こる不眠のことです。たとえば関節リウマチなどの痛みを伴う疾患、蕁麻疹などの痒みを伴う疾患、 花粉症なども不眠の原因になります。
この場合、直接睡眠へアプローチするよりも、病気や症状を治療することで改善されることがほとんどです。

画像: ② 身体的な原因

③ 病気が原因

精神に影響を及ぼす病気の症状には不眠を伴うことが多くあります。
そのなかでも、不眠になりやすいのが「うつ」です。うつ病と診断されていない場合でも、憂うつな気分になっていたり、落ち込むことがあったり。そういった精神状態が続いているときは、眠れなくなったりします。
慢性的な不眠症のおよそ3分の1の方は、何かしらの精神的な疾患を持っているとも言われているのです。落ち込んだり憂うつな気分になったら、自分の楽しいと思えることや好きなきことを優先して、心をリフレッシュしましょう。

④ 服用中の薬が原因

抗がん剤や自律神経・中枢神経に作用する薬などの中には、副作用として不眠になってしまう方もいます。薬以外にも、アルコールやカフェインの日常的な摂取も不眠の誘発原因になります。

画像: ④ 服用中の薬が原因

おわりに

睡眠障害がひどい場合、専門医での治療が必要になります。
しかし、治療の力を借りずに、ちょっとした工夫でも、質の良い眠りをつくることはできます。眠りやすい住環づくり、習慣づくりを心がけて、快眠をサポートしましょう。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.