自分のニオイは気づきにくい

他人のニオイは敏感だけど、自分のニオイは意外と鈍感なものです。
なかでも「口臭」は、他人のものはずぐに察知できますが、いざ自分のものとなると、どんな匂いかわかりません。あなたの口臭は大丈夫ですか?
今回は自分の口臭のチェック方法と、口臭の対処法についてお伝えします。

画像: 自分のニオイは気づきにくい

セルフ口臭チェック

まずは自分の口臭を自分で確認する必要があります。
セルフ口臭チェック方法は2つあります。

①袋に息を吹いて嗅ぐ

小さなビニール袋で大丈夫です。息がもれないように、口の周りをしっかりと固定して、袋の中に息を吹きかけましょう。息を吐いた後はしばらく袋を閉じたままで、少し時間が経ってから袋の中を嗅いでみて下さい。

②舌の状態で口臭を確認

舌の表面が白っぽかったり、白いものがついていませんか?
その白いものの正体は「舌苔(ぜったい)」といい、口臭の原因になるものです。
舌苔をティッシュなどでとり、においを嗅いでみてください。もしも臭うようであれば、口臭の可能性が高いです。

いかがでしたでしょうか?少しでも気になるようであれば、以下の口臭対策を実践してみてくださいね。

画像: ②舌の状態で口臭を確認

対処法①舌の掃除

口臭の発生源の多くは舌にあります。
舌をしっかりと掃除することで、臭い改善することが出来ます。
舌ブラシやタングクリーナーも売っていますが、柔らかい歯ブラシでもOKです。
これらを使って、最低1日1回、舌についている歯垢を優しく取り除いてあげましょう。強くこすると口臭を悪化させてしまう可能性もありますので、優しく丁寧に!

画像: 対処法①舌の掃除

対処法②口の中を乾かさない

口の中が乾いていると口臭がきつくなります。
朝起きた時、口のニオイがきつくのはそのせいです。
人間の唾液には口臭を抑える役割がありますので、唾液を分泌させるためにも、こまめな水分補給や、ガムを噛んでみたりして、口の中を潤しましょう。

画像: 対処法②口の中を乾かさない

対処法③カフェインをやめる

カフェインには、口臭を抑えてくれる大切な唾液をの分泌を抑制する働きがあります。
また、カフェインは口内を酸性に変えるので、すっぱ臭いの原因になります。
飲み物は水は一番ですが、殺菌作用のあるクエン酸が多く含まれているリンゴやレモンなどの飲み物もおすすめです。

画像: 対処法③カフェインをやめる

おわりに

口臭は根本が改善されていなければ、どんなに丁寧に歯磨きをしてもマウスウォッシュをしても意味がありません。今回ご紹介した対処法は、一般的な口臭の予防法ですが、臭いには個人差がありますので、必ずしもどの口臭にも効果があるわけではありません。
臭いが軽い場合は、これらの対処法を実践し、それでも改善されないようならば何らかの病気のサインかもしれませんので、専門医にご相談ください。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.