足が臭い原因は3つ

「足が臭い」といっても、その原因は、足自体には無いことがほとんどです。
足が臭い根本的な原因の多くは、「雑菌の繁殖」にあります。
主に、足・靴・靴下に雑菌が繁殖し、そこに汗や皮脂が混ざり、いや~な臭いを発生させているのです。
ここでは、雑菌が繁殖する原因を「足・靴・靴下」の3つの視点からご紹介します。

画像: 足が臭い原因は3つ

原因①靴に雑菌が繁殖する

ゴムやビニール素材の靴は通気性が悪く、普通の靴よりも蒸れやすくなります。
また、靴のサイズが合っていないと、足の中で蒸れを誘発したり、毎日同じ靴を履くのも良くありません。

<改善方法>

洗える靴であれば、丸洗いして雑菌や汚れを落としましょう。
洗えない場合、一度臭いがついた靴は連続して履くのは避けて、乾燥させてから履くようにしてください。しっかり乾燥させると雑菌が繁殖しにくいので、天日干しがおすすめです。また、オフィスの中では靴を履き替えるなどして、同じ靴を履き続けるのを避けましょう。

原因②靴下に雑菌が繁殖する

通気性吸湿性の悪いもの(ストッキングなど)をつねに履いていたり、汗を大量にかいた後でも履き替えないと、簡単に菌が増殖します。

<改善方法>

まず、ストッキングや靴下の替えをこまめに履き替えることです。汗をかかないときでも午前と午後で取り換えましょう。とくに、足指の間は私たちが想像している以上に蒸れやすいので、5本指ソックスなどもおすすめです。

画像1: <改善方法>

原因③足に雑菌が繁殖する

足が不衛生だと、雑菌が繁殖することがあります。たとえば足の洗い方が不十分で古い皮脂・角質・雑菌などが洗い落とせていなかったり。運動や暑さが原因で大量の汗をかき、汗と一緒に老廃物が流れて、それを靴下や靴が吸湿し、雑菌の繁殖を促してしまいます。

<改善方法>

まずは足をしっかり洗って、常に清潔な状態を保つことです。
正しい足の洗い方は、足湯で汚れや角質を浮かせてから、指の間や爪のわきなどを石鹸で落とします。そして、お風呂から上がったら湿気を拭き取ることも忘れずに。
ポイントは、洗う前に足の皮膚を柔らかくして角質や汚れを落としやすくすることです。

画像2: <改善方法>

おわりに

臭いが気になると、消臭スプレーなどで臭いをごまかしてしまいがちです。しかし、臭いは根本的なお手入れをしなければ、永遠と続きます。
面倒だなぁと思う気持ちはわかりますが、足お手入れの習慣は自分だけでなく、自分の周りの人間を不快な思いにさせないために大切なエチケットです。
イイ女の身だしなみは、他人が見えないところから!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.