シミの原因の多くは紫外線にある

肌老化の原因は「加齢」だと思ってしまいがちです。
しかし、肌の老化現象が起きてしまう大きな原因は「紫外線」・「ストレス」・「排気ガス」などの外的要素にあるのです。

ではなぜこれらの外的要素が、肌老化の大きな原因になってしまうのかといいますと、これらが私たちの身体に「活性酸素」を増やしてしまうからです。
本来、活性酸素は体内を悪いものから守ってくれる役割を担っているのですが、増えてしまうと肌老化や生活習慣病などの疾患にかかりやすくなってしまうのです。

画像: シミの原因の多くは紫外線にある

余分な活性酸素の除去!

肌老化を防ぐためには、余分な活性酸素を除去しなければなりません。
活性酸素は呼吸をしているだけで体内に入ってきますので、常に除去を心がける必要があります。活性酸素を除去する作用のあるもの、つまり「抗酸化作用」のあるものを積極的に摂り入れなければ、肌老化を防ぐことは出来ません。
抗酸化作用のあるものはたくさんありますが、中でもスゴイ抗酸化作用を持つ食べ物が「パプリカ」なのです!

画像: 余分な活性酸素の除去!

パプリカの持つ抗酸化作用が凄い!

パプリカが持つ抗酸化作用にはの2つの栄養素が関係しています。

① ビタミンC

美白美肌に良いイメージのビタミンCですが、実はメラニン排出や生成を抑制させるだけでなく、お肌のハリを保つコラーゲンの生成を促す作用もあるのです。さらに、肌細胞の酸化を防ぐ高い抗酸化力も備わっているので、女性には欠かすことのできない成分の一つです。ではなぜパプリカが良いかといいますと、ビタミンCは水溶性ですので水に溶けやすく熱に弱いという特徴があります。しかし、パプリカに含まれるビタミンCはパプリカに含まれる「ヘスペリジン」がビタミンCを酸化や熱から守ってくれますので、加熱しても成分が壊れることなく摂取できるのです!

② βカロテン

βカロテンはなど緑黄色野菜に含まれる栄養素なのですが、パプリカに含まれるβカロテンはとっても豊富なのです。βカロテンには老化を防ぐ効果があり、油と一緒に摂ることでβカロテンの吸収率がさらに高まります。

以上のことから、パプリカはただ抗酸化作用が高いだけでなく、生で食べても、過熱してもしっかりと成分が摂れるありがたい食材なのです!

画像: ② βカロテン

おわりに

パプリカはいくつかの種類がありますが、中でもおすすめなのが「赤パプリカ」なのです。赤パプリカに含まれるカプサイシンにも強い抗酸化作用がありますので、どの色かで悩んだら赤パプリカをオススメします!
抗酸化作用の高い赤パプリカを毎日食べて、肌老化と戦いましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.