体臭をキツくする食習慣

体臭キツいのは、何も中高年男性だけではありませんよ。女性にだって体臭はあるんです。
一般的に体臭がキツくなる原因には、食べているものが深く関係しています。
例えば、肉類・ジャンクフード・チーズなどの乳製品などです。
肉類は体内に吸収される前に、悪臭の原因ともなるアンモニアを発生させます。その匂い成分が血流で運ばれ、汗によって噴き出し、体臭となってしまうのです。

また、添加物を多く含むジャンクフードは体内で活性酸素を作ってしまいます。これが体臭の原因になるのです。 そして、チーズやバターなどの乳製品も、腸の隙間に詰まりり、腐敗しやすいので、体臭がキツくなります。

それ以外にも、普段の生活習慣がニオイの原因になることだってあるのです。
女性の体臭を誘発させる生活習慣はこんなところにあったんです!

原因①間違ったダイエット

ダイエットによる偏った食習慣は体臭を生みます。
間違った食事制限でダイエットを続けると、甘酸っぱい独特なニオイが体から出てくることがあります。この匂いの原因は、血中に増加した脂肪酸が上手く燃焼されず、ケトン体というニオイ物質に合成されてしまうことで起こります。ケトン体が血中に増加してしまうと、まずは口臭、つぎ体臭、さらには尿にも臭いを発生させます。
このメカニズムの原因は、間違ったダイエットにより代謝能力が低下し、脂肪酸がしっかりと燃焼し切ることが出来なかったことにあります。
ダイエットをする場合は、必ず「代謝を上げる」ダイエットをするようにしましょう。

画像: 原因①間違ったダイエット

原因②アルコール・タバコ

タバコから流れる副流煙は髪の毛や洋服につくだけでなく、体内にも摂りこまれています。この臭いは、血液を通して全身をめぐり、毛穴から排出されますので、当然体臭は臭くなります。
また、アルコールも体臭の原因です。体内でアルコール分解するときに生まれる「アセトアルデヒド」や「酢酸」は、翌日になっても口臭や体臭として残ることがあります。
とくにお酒が弱い人(肝機能が弱い人)はアルコールによる体臭を発生しやすい特徴があります。
タバコやアルコールは控えめにしましょう。

画像: 原因②アルコール・タバコ

原因③貧血

貧血になると、酸っぱい臭いを発することがあります。臭いの原因は「乳酸」です。
貧血状態になると、体内では酸素やエネルギーが不足します。
すると、体は足りない酸素を補おうと、解糖系が働きます。この解糖系は、全身にエネルギーを補給してくれるのですが、同時に、乳酸も発生させてしまいます。
乳酸が増えると、アンモニアも増えます。
乳酸もアンモニアもどちらも酸っぱい匂いをもっているのが特徴です。
女性は比較的貧血になりやすいので、普段から鉄分豊富な食材を摂ったり、1日に数回の休息時間を確保したりといった工夫で貧血を予防しましょう。

画像: 原因③貧血

おわりに

ほかにも、「ストレス」の蓄積によっても体臭を発生させます。
というのも、ストレスが溜まるとアドレナリンが増加します。これにより、皮脂の分泌が過剰になり、皮脂腺が詰まるだけでなく、体内では活性酸素が発生しやすくなってしまうのです。
自分にぴったりのストレス解消法を見つけて、ハッピーな気持ちになることも、体臭を予防する手段の一つなのです!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.