ホルモン作用のある精油でシワを改善!

しわやしみなどの、お肌の衰えを感じたら、お肌を蘇らせる「ホルモン作用」のある精油がおすすめなのです!
精油はエッセンシャルオイルとも呼ばれており、植物の花・葉・果皮・種子・樹脂などから抽出した天然素材です。 精油は、植物特有の香りと機能をもっており、アロマテラピーの基本となります。近年では、スチームやマッサージなど、お肌に直接はたらきかけるような方法で精油の効能を摂り入れられています。

画像: ホルモン作用のある精油でシワを改善!

アロマスチームとアロママッサージの効果

アロマスチームも、アロママッサージも、アンチエイジングに効果のある精油を使って、肌細胞を活性化し、お肌を蘇らせる効果があります。
精油の大きなメリットは、化学成分ではなく天然素材なのでお肌に優しく働きかけることにあります。さらに、精油はお肌だけでなく、心にも良い作用をしますので、心身共に美を再生することが出来るのです。
では次に、しわやしみなどの肌老化の回復におすすめの精油をご紹介します。

画像: アロマスチームとアロママッサージの効果

① キャロットシード

キャロットシードはお肌のシミやシワなどを予防する効果のある精油として非常に人気の高い精油です。原料はニンジンの原種となる種子で、独特な香りがします。キャロットシードの香りが苦手な方は柑橘系の爽やかな香りの精油とブレンドしたりするのもおすすめです。

画像: ① キャロットシード

② ネロリ

ネロリはシトラス系の精油なのですが、お肌を刺激することがないので、 乾燥肌・敏感肌の方でもトラブルを改善してくれます。
作用としては、皮膚細胞の成長を高め、お肌の再生を助けて、お肌の弾力性を取り戻します。とくに、衰えを感じ始めの頃のお肌に効果的です。

画像: ② ネロリ

精油の注意点!

アロマテラピーは天然素材を使用し、お肌にやさしいのがメリットなのですが、精油自体は植物から抽出された成分が凝縮されているものですので、原液は大変刺激が強いです。
とくに精油は、高度に濃縮された液体ですので、間違った使い方をすると大変危険です。
アロマスチームやアロママッサージの際は数滴で十分ですの、取り扱う際には使用方法を守って安全に使用してください。

画像: 精油の注意点!

おわりに

使用方法を正しく使えば、精油の香りを楽しみつつ、しわやたるみの改善に大きく役立ちます。ちなみに、精油は「油」という文字が含まれていますが、油脂ではありません。
オリーブ油やごま油などと同じようだと思われがちですが、精油は植物が作り出した天然の有機化合物が集まってできたものなのです。
精油の持つ自然のチカラで、お肌と一緒に心もキレイになりましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.