酵素不足が招く弊害

体内に酵素が不足すると太りやすくなります。しかし、酵素不足が招く弊害はそれだけではありません。酵素が不足すると、以下のような弊害が考えられます。

①カロリー制限しても痩せない
②シワ・たるみの発生
③疲れやすくなる

これらの症状は、酵素不足によって新陳代謝が低下することによって起きます。
いわゆる老化現象もといわれますが、酵素不足は20~30代にも起こります。
加齢によって酵素が不足し、上記のような症状が引き起こされるのは誰にでも起こり得ることなのですが、20~30代で酵素不足の症状が発生するのは、加齢以外が原因です。
では、加齢以外に酵素が不足する原因はどこにあるのでしょうか?

画像: 酵素不足が招く弊害

酵素不足になる原因①夜更かしをする

夜更かしは睡眠不足だけでなく、酵素不足にも繋がります。
というのも、人間の体内で生成されている酵素は、起きている間に消費され、寝ている間に生成しています。夜更かしをして睡眠時間が少なくなると、生成されるはずだった酵素が少ししされないのです。また、睡眠のゴールデンタイムといわれる22時~2時を過ぎた時間の睡眠は、睡眠の質を低下させることにもなりますので夜更かしは避けて、質の良い睡眠をとりましょう。

画像: 酵素不足になる原因①夜更かしをする

酵素不足になる原因②お肉が大好き

これは肉にもいえることなのですが、お肉にはたんぱく質が非常に多く含まれているので、食べ過ぎるとたんぱく質の分解が追い付かず、体内でたんぱく質過多状態が発生してしまいます。たんぱく質は人間の体には必要なのですが、過多になると内臓に大きな負担をかけます。お肉やお魚をたくさん食べる際は、生野菜も食べて、酵素を補充しましょう。

画像: 酵素不足になる原因②お肉が大好き

酵素不足になる原因③ストレスの蓄積

ストレスが蓄積すると消化酵素の働きを活性化している「セロトニン」が減少し、消化酵素不足が発生します。消化酵素が不足している場合、体内では代謝酵素が使われるので、結果的に代謝酵素も減少して、体内全体の酵素が不足してしまうのです。
自分に合うストレス解消法を見つけて、ストレスを溜め込まないようしましょう。

画像: 酵素不足になる原因③ストレスの蓄積

おわりに

健康な毎日を送るために欠かせない酵素は絶対に欠かせません。
年齢に問わず、酵素が不足すると、免疫力が低下し、代謝も低下し、やがて美容や健康面での弊害が起きます。
酵素が不足してしまう原因が一つでも当てはまった場合、一つでも改善することがアンチエイジングになります。限りある酵素を大切に消費し、補充しましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.