近年のファスティングダイエット

「ファスティング」とは断食をさす言葉で、基本的には一定期間食事を摂らないダイエット方法です。しかしそれが近年、ファスティングの概念が変わりつつあるのです。
近年のファスティングダイエットは、断食期間中に水・酵素ドリンク・野菜ジュースなどのドリンクを摂取するダイエットなのです。

画像: 近年のファスティングダイエット

正しい方法で体に負担をかけないファスティングダイエットを!

短期間とはいえ、ファスティングダイエットは、ほぼ断食を行うので、身体に負担がかかります。しまいます。そのため、体調不良の時は中止したり、激しい運動は避けたり、通常よりもエネルギーを消費する行動は控えたりといったことが重要です。

ファスティングダイエットは、始める前の健康状態はもちろん、正しいステップで行わないと、かえって健康を害する恐れもあります。実際に、間違ったファスティングダイエットをして、体を壊してしまったり、激しくリバウンドしてしまったという人も存在します。
では、健康的により美しくなるために、正しいファスティングダイエットの3ステップをご紹介します。

画像: 正しい方法で体に負担をかけないファスティングダイエットを!

ステップ①ファスティングの準備

近年のファスティングダイエットは、週末などの2~3日の食事を酵素ジュースなどのドリンクに置き換える方法が主流です。

3食しっかり食べていたのを翌日から酵素ジュースに変えるのは、体がびっくりしてしまいますので、ファスティングを始める2~3日前から身体を慣れさせる必要があります。基本的にはファスティングを行う日数と同じ準備期間に、食べる量を少しずつ減らし、いつもより消化吸収の良いものを摂取しましょう。

画像: ステップ①ファスティングの準備

ステップ②ファスティング中は

ファスティング中は、水や酵素ドリンクの摂取のみで過ごします。激しく動いたり、汗をかくようなことは控えて、なるべくエネルギーを消費しないように大人しく過ごしましょう。だいたい2日~3日程度が一般的なのですが、3日以上ファスティングを行う場合は、医師や専門家の指示を仰ぐことをおすすめします。

画像: ステップ②ファスティング中は

ステップ③復食期間

ファスティングを終えた後、通常の食事に戻すまでの期間を復食期間と呼びます。
この復食期間も準備期間と同じく、ファスティングの日数と同日数をかけて、徐々に通常の食事に戻していく大切な期間です。

復食期間には、具の入っていないお味噌汁や、梅や卵の入っていないおかゆなど、流動食からスタートしましょう。すぐに、固形物を食べてしまうと、吸収が早く、脂肪になりやすので、注意が必要です。

画像: ステップ③復食期間

おわりに

ファスティングダイエットは即効性のあるダイエット法の一つですが、正しいステップで行わなければすぐにリバウンドしてしまいます。
リバウンドをしないためには、ファスティングの準備期間・ファスティング中・復食期間の手順をしっかりと守ることが重要です。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.